13日に可もなし不可もなしの決算を発表した寿スピリッツ(推)は2437▼109と急落。
14日は巴コーポ(推)が12時30分に決算を発表した。詳しくは各自確かめていただくとして、やや期待外れとは言え、今期経常利益12.7%増益見通し、自社株買い発表なので、そうひどいわけではない。これで421△▼13。
しかし大成建設は4.22日、場中に2015年3月期経常利益を450円予想から740億円に大上方修正、株価は697△16と上げた。その後24日には720円まであった。5.11日に決算を発表したわけだが、経常利益は745億円だったものの、2016年3月期は620億円という大減益予想。JQ等の小型株だと、これで50円安とか瞬間ストップ安するところだが、大成の場合、終値は682円変わらず。翌12日は692△10。というのだから驚く。実はいろいろ調べると、こういうケースは必ずしも珍しくない。要するに、今の地合いが完全に主力株に優しく、小型株に苛烈だということを、頭に叩き込んでおくしかない。

とは言え、徐々に、当道場銘柄には復調気配を強めるものも出てきている。
サカイ引越(推)は4025△45と戻り高値を更新した。取り組みも良くなっており、4180円高値更新の可能性も出て来た。

IBJ(推)も1287△81と急伸、これまた1347円高値更新が現実味を帯びてきた。

ニックス(推)は高値1479円と年初来高値にあと1円に迫る場面があって1441△111(JQ値上がり率12位)。
決算短信に以下の文言がある。

>平成27年9月期の通期連結業績予想につきましては、中国の経済成長の鈍化や米国での金融政策、更には欧州における債務問題等による不透明な経済環境が懸念されるため、平成26年11月10日に公表いたしました数値から変更はして
おりません。今後の業績の進捗を踏まえ、通期業績予想の算定が可能となり次第、速やかに開示致します。

こんなわけのわからない役人の書いたような文章に唖然とするが、要は上方修正しないのはおかしい決算なのに、とりあえずしなかった言い訳だろう。
1-3月期はあれだけの好決算だったが、4月以降は蚊も発生、デング熱不安も高まり、防虫網戸が需要期になり売れまくる。現に1.5倍の大増産と伝えられる。今期の経常利益は私の予想4.1億円も上回る可能性が十分あろう。値動きが激しいので、うまくやってほしいが、瞬間高値としては1550円~2000円くらいが考えられる。

アトラ(推)は1851▼50まであって猛反発、結局2090△189の高値引け(マザーズ値上がり率3位)。

5.07日付けで

>私は、ほぼ毎日のように保有銘柄(20前後のことが多い)を、その時点で有望(と考える)順に並べ、目標値(比較的控えめなその時点の数字)を決める。つまり獲らぬ狸の皮算用をするわけだ。

これを今回、特別公開しよう。

①アトラ 1820円→2030円
②ピックルス 1311円→1411円
③クリエイトレストラン 2216円→2516円
④寿スピリッツ 2536円→2656円
⑤神鋼環境ソリューション 695円→795円
⑥サカイ引越 3850円→4050円
⑦巴コーポレーション 424円→434円

と書いた。
今日はこの5.14日版を特別公開。

①アトラ 2090円→2290円
②ニックス 1441円→1541円
③サカイ引越 4025円→4125円
④IBJ 1287円→1387円
⑤ピックルス 1265円→1315円

もうよくお分かりになっただろう。このように有望度順位は毎日変わり、目標値も同様毎日変わるのである。これに基づき、保有株数の増減、銘柄の入れ替えもやるわけである。今日は勤皇明日佐幕であり、わかっていない人が、おかしな邪推をする。

5月15日 0時33分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2172-075be3b3