2015.04.23 アトラ
6029 アトラ(マザーズ)
株価=1549▼10(04月23日終値)   
出来高=57700株(04月23日) (売買単位=100株)
PER=18.1倍(今期予想実質値) 
01月21日=605円~1615円=04月22日(年月日=年初来安値~年初来高値=年月日)
自信度=☆☆☆
推奨度=☆☆☆

主力大型株に極端に物色の対象が偏った相場が続き、一般の投資家は、なかなか波に乗れない状況が続く。
こういう状況の打開策として、アトラとピクルスの2銘柄を紹介したわけだが、どちらも順調な値動きとなっている。ここまでで、読者諸氏には買っておいてほしかったわけである。アトラは3.16日付け「四季報で発掘した妙味株2」で紹介した銘柄なので、お持ちの方は一段と多いことを期待する。

そういう前提で、ここであえて真っ向から推奨銘柄にするわけである。
多少、高く買う羽目になっても、まずは大丈夫だろうという読みもある。とは言え、高い値段での買いはそれなりにリスクが高まることは覚悟していただかなければならないのは当然である(23日までに買っておけばリスクは小さかったわけである)。

アトラは「ほねつぎ」ブランドで整骨院をチェーン展開(FC)する企業である。細かいことはHP、決算短信、株主通信等で見ていただきたい。

以下分かりやすく簡略化したエッセンスを示す。

FC整骨院の数の推移 (鎌倉注=数字は期末のものと思われる)

2010年12月期=  3
2011年12月期= 13
2012年12月期= 16
2013年12月期= 29
2014年12月期= 46
2015年12月期= 71以上(予想)
2016年12月期=102以上(予想)

アトラ請求サービスの会員数の推移 (鎌倉注=数字は期末のものと思われる)

2010年12月期= 272
2011年12月期= 484
2012年12月期= 745
2013年12月期=1049
2014年12月期=1309

2014年12.03日=1288
2015年01.05日=1309
2015年02.02日=1343
2015年03.01日=1375
2015年04.01日=1432

この数字を見れば、いかにこの会社が今後、目を見張るような急成長を遂げるか、誰の目にも明らかだろう。

アトラ請求サービスの会員数は、2015年に入って一段と増加に弾みがついている。これには明確な理由がある。
会員の整骨院への療養費の立て替え払いサービスを始めたからである。

つまりアトラの会員になれば、こうした早期現金化サービスが受けられ、またHONEY-STYLEというモバイルによる予約システムも利用できる。このほか種々の開業支援や経営サポートを受けられるので、上記のように会員企業が急増しているわけである。

2015年12月期の予想経常利益は2.5億円、16年12月期は同4.0億円=実質1株利益は92.3円である。
前掲の表でお分かりのように、FC整骨院(同社は現在は直営店はなくすべてFC店)の数は、2014年12月期の46が、会社計画通りに行けば2016年12月期には102以上と2.2倍以上に激増する。売り上げもそれに比例して急増するであろう。会社は2016年以降、毎年30超=31以上の出店目標を掲げている。
多少計画未達になったとしても、店舗数は数年で2倍、3倍になる大変な出店ペースである。
つまり同社の1株利益は来期予想の92.3円が数年後には200円とか280円とかになる可能性が十分あるということである。
1株利益200円を15倍に買うだけで株価は3000円となる。
今後の株価は紆余曲折はあるにせよ、こうした同社の驚異的高成長を織り込んで上昇するであろうというのが、私の読みであり、強気の根拠である。

4月23日 22時18分記



Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2157-109d7066