日経平均、TOPIX急騰にもかかわらず、当道場銘柄など小型株はさえない動きが続く。
小形株に資金が回ってきていないことは、出来高を見れば歴然だ。
例えば寿スピリッツ(推)の21日の出来高10200株は3.11日以来の少なさだ。DLE(WEB銘柄)の68900株も3.12日以来の低水準だ。21日に年初来高値を更新したタキヒヨー(推)にしたところで20日は21000株しかできなかった、

結局、エネルギーが極端に不足しているので、しこりのある銘柄はどんなに業績が良かったり割安だったりしても、なかなか上がらず、わずかに上がるのはしこりがなく需給関係のいい銘柄に限られるということになる。

ダイナックが4.16日に年初来高値を更新、21日にはハローズが一時1828△250まであって1717△139と急伸、こちらも一気に年初来高値を更新した(どちらも3.14日付け『四季報から発掘した妙味株』として取り上げている)。好業績に加え、しこりのない軽量銘柄というのが受けたのだろう。

そういうわけで、今動きの悪い銘柄は、とりあえずは焦らず復活を気長に待つこととし(一部を新規銘柄の購入資金にするのは構わない)、需給関係のいい新鮮な銘柄も多少は買って行きたい。

好決算を発表したが、その好内容がよく理解されておらず割安に放置されている
2925 ピックルス1149△15
接骨院のFC展開というユニークな業態が魅力(3.16日付け「四季報で発掘した妙味株2」で紹介)の
6029 アトラ1391△3
を最小単位でもいいので買っておくといいだろう。

4月22日 0時07分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2155-bc7d7a1a