14日の相場は、結局、東証1部、2部、JQ、マザーズすべて値上がりとなったわけだが、やや風向きの変化が感じられなくもない。
すなわち、ここほとんど積極的な買いが入らず、ずるずる下げていた巴コーポ(推)、NSW(推)などに買いが入り値上がり、さほどの内容ではなかったIRにもかかわらず朝日ラバーが急伸、つられるように高度紙(推)も大幅高したなどである。
また不二ラテックスは緩衝器の1割増産程度の材料(日経報道)で14日ストップ高、ハローズも予定線の決算にもかかわらず14日1532△22、14日引け後のこれまた、まあまあ程度の1Q決算でサムティが993△29(PTS)といった具合である。トレファクなどは2分割もあったとはいえ、決算はまあまあ程度だったが、株価は暴騰している。

445△6と高値引けとなった巴コーポ、また3855▼40まであったものの切り返し変わらずで引けたサカイ引越センター(推)の出直りが、こういう地合いで、いよいよ期待できるかもしれない。

IBJ(推)は1167▼11と4日続落となったわけだが、10日につけた1151円安値は下回らず、いよいよ反騰態勢が整ったのではないか。多少のリスク覚悟なら、ここからの買いもいいだろう。下げ過ぎの反動で予想以上の戻りがあるかもしれない。

DLE(WEB銘柄)も取組の改善も進んでおり強気でいいだろう。

【寿スピリッツ】
8立会日連続高後だけにこの日の小反落は程良い休養。
14日15時30分に2015年3月期通期の売上状況(概算)を発表した。4Q(1月~3月)は58.12億円で前年同期(58.20億円)比微減だった。2月02日に減額修正したときの予想は56.36億円だったから1.76億円上回ったわけである。
通期の売り上げは229.77億円で予想の228.00億円を上回っただけでなく、前年度の229.47億円をもわずかながら上回った!製造業の場合、売り上げの伸び以上に利益は伸びるのが普通なので、経常利益も会社予想の19.6億円を上回るのはほぼ確実、四季報予想の20.0億円予想も上回る可能性がかなりあるとみる。
そして、こうした前期のことより、重要なのは今期2016年3月期に明るい見通しが見えてきたことである。

4Qの売り上げが前年同期比ほぼ横ばいまで回復したことで、2016年3月期は4月のスタートから増収となろう。出雲大社大遷宮特需剥落の影響が完全収束、シュクレイ(2015年3月期は前年比19.8%の増収)、九十九島グループ(同9.8%の増収)絶好調で、今期の大増益が一段とはっきりして来たということである。通販事業、アジア市場開拓も期待できる。決算発表は5月13日。

4月14日 23時55分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2148-61dec38b