06日の相場は、想定というか期待通りの相場になった。
すなわち、主力株の多くが値下がり、日経平均、TOPIXは小幅安となったが、2部、JQ、マザーズはそろってプラスとなった。

当道場銘柄ではLINE上場関連人気でDLE(sWEB銘柄)が863△60と急伸、年初来高値を更新した。映画「天才バカヴォン」の前人気も上々のようで、まさに好材料だらけだ。4桁乗せとなれば上場来高値1443円も意識されるようになろう。

IBJは1298△46まであったが一時は1246▼6まで急落、結局1260△8。ふるさと創生関連のサイネックスは2550円まであって2420△260と年初来高値を大きく更新した。成長力、材料の新鮮さからしてサイネックスの半値の株価は明らかに評価不足。最低でも6割、最高で8割の評価が妥当だろう。

ニックス(推)は1079△23と続伸した。もちろん材料はデング熱、防虫関連だが、実はそれだけではない。同社は独自のプラスチック素材を有し高付加価値製品の比率を高めている。海外展開も今後急拡大の方向で2016年9月期の経常利益目標5億円が達成できれば実質1株利益は129.6円になる。

巴コーポ(推)の動きが悪いが、これは建設株の動きの悪さも影響していると思われる。しかし402円(2.12日)からの上昇波動の中にあるとみてよく、474円高値更新から500円挑戦とみてじっくり構えたい。

4月07日 1時03分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2142-73d4bfe4