31日の相場は、主力大型株が総崩れとなる一方、小型株は比較的しっかりとなった。ただ、当道場銘柄はというと、依然厳しい展開となっている。

タキヒヨー(推)が2.25日につけた昨年来高値460円を更新473円まであって462△15となったほか、新日本科学(推)、NSW(推)、また古い推奨銘柄(推奨後6か月以上経過)のNフィールドなどは上げたものの、下げた銘柄も多かった。巴コーポ(推)、DLE(WEB銘柄)、サカイ引越センター(推)などである。特にサカイは3810円前あって終値は3840▼135と大きく下げた。心配されている読者も多いと思うが、極端に板が薄いというか、買いと売りの値段が大きく乖離していて、ちょっとした売りで大きく下押すわけで、深刻に考えることはなかろう。

いずれにせよ、連日のように、ちびちびと下げる(自分の資産が減る)という流れになっていて、苦しんでいる方も多いと推測するが、経験的に、そろそろという気がする。「気がする」のであって、合理的推論ではないが、それなりに信憑性はあろう。いつか花実のなるものをと信じて頑張ろう。死んで花実のなるものかとも言う。

4月01日 0時14分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2138-5ec66fa3