四季報発売を受けて、多くの銘柄が13日にも上げた。
浅香工業(例の豪雪関連銘柄であり、以前、当道場や拙著でも取り上げた)、新報国製鉄はストップ高、クリヤマHD(かつての推奨銘柄)、ぐるなび、大光なども急伸した。
そこで、ここでは、そうした大きく上げてしまった銘柄は除き、現在の株価(13日終値、銘柄名の後の数字)でも、投資妙味ありと、私が判断した銘柄を紹介することにする。
実はまだ1300ページくらいまでしか読了していないので、以下は中間報告で、順調にいけば、残りは明日ご紹介できよう。

2208 ブルボン 1380△28

2290 米久 1905△10

2675 ダイナック 1490△33

2742 ハローズ 1413△13

3756 豆蔵 632▼1

5959 岡部 1103△13

6287 サトーHD 2689△89

いずれも四季報前号より業績は好見通しになっている。それ以外について以下に書く。

ブルボン、米久は、カルビー、岩塚製菓等に比べ著しく割安。

ダイナックは来期経常利益は11.8%増益予想で実質1株利益は112.6円。

ハローズは積極的に地盤外に出店で高成長。来期予想実質株利益は121.0円。

豆蔵は連続買収で急成長。経常利益は今期予想の12億円が来期は16億円に。

岡部は耐震、制震、免震分野にも強く今期は複数の新製品投入。東洋ゴムの免震性能偽装が好影響か。

サトーHDは2017年度に営業利益120億円目標。実現すれば実質1株利益は215.0円。

3月14日 23時08分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2121-f84ab4d9