小指の痺れ・麻痺が続き、おまけに確定申告も迫って来て、コメントへの返信等で、不義理を働いていること、許されよ。痺れはメチコバールが多少は効いているのか、気持ち改善傾向なのだが、今度は首、右肩が痛みだし、気力が必要なことをするのは辛い。

株は3度の飯より好きなわけだが、今の相場はイライラが募る相場なので、ちょっと・・・・

ご近所の方と約束していたことで、今日は熱海の梅園に梅見に行った。ところが大混雑で、絶望的な状況。それで予定を変更、近くの来宮(きのみや)神社を見学。ここでいいものを見た。
樹齢2000年超という楠(クス)の大木である。天然記念物で周囲23.9m、高さ23.9mで本州1位の巨樹とある。「国内屈指のパワースポット」ともいうから、当道場にもパワーを注いでほしいものだ。

来宮神社には7本の楠の木があったのだが、1859年(安政6年)、漁業権をめぐる訴訟の費用ねん出のため、次々に伐られ、現存の1本も伐られそうになったのだが、木こりが大おのを幹に当てようとすると、突如白髪の老人が現れ両手を広げて遮ると大おのは真っ二つに折れ、老人は消失、村人は伐るのをを中止。  とのこと。

それはともかく、社殿の前に美術館兼土産物店風の建物があるのだが、この上に行くとその平らな屋根から、まだ若いそれでも大木の楠が要所要所にありよく見ることができる。そして少し遠くには先ほど見て来た樹齢2000年超のご神木の楠もみえるという趣向である。1階は美術館と思ったのは喫茶店兼土産物店だったが、屋上が楠美術館になっていたのだ。

武田薬品は来期予想実質PERが51.4倍、カルビーも同38.9倍まで買われ、主力株で人気の銘柄は続々昨年来高値更新という流れになっている。
こうした中、多くの小型株は鳴かず飛ばずの値動きとなっている。

ヤマシナ(推)は73△6で寄り75円まであったものの68△1の安値引け。また上方修正発表のダイユーエイトも885△46と高寄りしたものの、これが高値となり終値は866△27にとどまった。
一方、サイネックスは1933△400のストップ高。

こういう動きから言えることは、
外国人をけん引役に主力株が買いあげられる、
個人投資家は運用成績不冴えで買い意欲減退、
こうした中で、動きの悪い銘柄(小型株が多い)を売って動きのいい銘柄に乗り換える動きが続いている。

とは言え、いつまでもこういう動きが続くわけもない。
さりとて、まだはっきりしない動きの小型株を、ここで買うのは必ずしも成功を約束しない。

私としては、09日からは、相場はある程度下げる可能性がかなりあるとみている(これについてはすでに書いている)。
06日のNYダウは279ドル(1.53%)の下げとなっている。一応3.24日前後からの反転を見込んでいる。
この間は主力株中心の下げ、小型株は大きくは動かないとなるか。

こうした大雑把な読み(言うまでもないが、こういうものはあまり当てにしてはいけない)のもと、この間は有望株の発掘、打診買いを心がけるところだ。新四季報を先取り、今有望候補株をセレクト中だ。

ヤマシナはここからとみている。

3月08日 21時28分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2116-eaf4e0ae