相場は、ここ大きく上げただけに、調整色を強めている。大きく上げたのは主に主力大型株なので、小型株は影響は小さい可能性もあるが、一応警戒するところだろう。
近年、会社四季報発売日(2015年春号は3.13日発売)前後は大幅安となることも脳裏をよぎる。昨年は日経平均は3.07日に15274円を付けてから下落に転じ3.20日には14224円まで下げた。

新日本科学(推)は955△46まであって終値は929△20。出来高の77万株余は、最近のピーク64万株弱(2.23日)を上回った。日証金貸借倍率も1.10倍と昨年12.10日以来の低さとなった。1000円大台乗せとなるか正念場。

ライフコーポレーションも1866△53と3連騰で戻り高値更新。

サイネックスは昨年8月に付けた1622円高値を半年余ぶりに更新した。こうなると、ややこじつけ的になるが、昨年9月に1770円高値を付け、底値圏から出直りの気配を見せつつあるニックス913円も見直されるかもしれない。

タキヒヨー(推)は447円まで押す場面もあったが引けにかけ戻し453▼3。
同社の業績等について簡単に書いておこう。3Q決算は経常利益が20.73億円で通期予想の21.0億円に対する進捗率は98.7%に達する。名古屋市栄区に3080㎡の土地を所有するが、ここ(ZERO GATE)をパルコに賃貸した(2014年秋より)。これの寄与もあるので、2015年2月期業績の上振れも期待できよう。減収増益になったのは、最大の取引先であるしまむら向けを絞り、利益率の高い専門店、デパート向けに注力しているためだろう。

・2013年3月
セカンドライン「BERARDI」
主要百貨店30店舗で展開スタート

・2014年3月
ファーストライン「ANTONIO BERARDI」
西武渋谷店で展開スタート

と、ここ高級志向を強めている。

3月05日 0時19分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2114-4e57425c