03日の相場もめまぐるしい展開となった。アメリカ株の急伸(NYダウは史上最高値更新、NQは15年ぶり高値)を受けて日経平均は84円高で始まったものの、過熱感への警戒からそこが高値となって結局12円安で終わった。
当道場銘柄でも朝日ラバー(推)は1589△152までありながら終値は1356▼81、昭和HD(推)は155△50のストップ高買い気配などと、激しい動きを見せた。

前日昨年来高値を更新、あわよくば1000円乗せもという期待を抱かせた新日本科学(推)は909▼47と急反落。
しかし引け後、以下のIRでPTS最終値は934△25。

子宮頸がん発症予防のためのワクチン経鼻製剤評価に関する契約締結のお知らせ

新日本科学は、ISA Therapeutics,B.V.1)(本社:オランダ)から子宮頸がん治療薬(開発名:ISA101)の提供を受けて、当社が有する独自の経鼻投与基盤技術2)をISA101 に応用した、子宮頸がん発症予防のためのワクチン経鼻製剤開発に関する契約を平成27 年3 月3 日付で締結いたしましたので、お知らせいたします。

マンダムは4060△20と続伸、昨年7月に付けた4110円高値に接近、高値更新が期待できよう。ライフコーポも強い。配当取りの買いからかハードオフも1155△14と続伸した。タキヒヨー(推)も456△4と続伸、引け新値となった。
また、ここ低位株で人気化する銘柄が昭和HDを含め相次いでいる。この流れからセーラー万年筆(9月下旬WEB銘柄)、ヤマシナ(12月下旬WEB銘柄)の出番も近いか。

3月04日 0時09分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2113-da7a258b