2015.02.17 新日本科学
2395 新日本科学(東証1部)
株価=860円(02月16日終値)   
出来高=330400株(02月16日) (売買単位=100株)
05月21日=658円~1786円=02月03日(月日=昨年初来安値~昨初来高値=月日)*どちらも昨年値
自信度=☆☆☆
推奨度=☆☆☆

とりあえず、ここまでの部分を加筆した。(2.17日23時18分記)


16日はIPO関連がにぎわった。
IPOと言っても、今後IPOが予想されるものである。

すなわち、1つがZMP関連、もう一つがヘリオス関連である。

【ZMP関連】
ZMPは以前、2015年にマザーズへ上場と報じられたことから、折にふれ関連銘柄が人気づいている。ZMPは人間共生型ロボットを開発する世界初のベンチャーとして設立され、ロボット技術を発展させて自動運転車を製作している。
2.14日、日経で「ソニーが自動運転技術 ベンチャーと開発へ 」(ベンチャー=ZMP)と報じられ、16日、関連銘柄が急騰したわけである。アートスパーク(ストップ高)、アイサンテクノロジー、ネクス、JVCケンウッドなどである。

【ヘリオス関連】
ZMPに触発されたかヘリオス関連銘柄も新日本科学、テラなどが大幅高となった。ヘリオスは旧日本網膜研究所。同社はiPS細胞を用いた網膜再生医療の研究開発を進めており、本年IPO銘柄中でも最大の注目企業と言っていいだろう。大株主は大日本住友製薬、ニコン、澁谷工業、新日本科学、テラ。
3月上場説が根強いが、こうした観測は外れることも多いので、あまり信用するのは危険である。

詳しいことは書かないが、この中である理由から私が注目するのが新日本科学。13日、引け後、決算を発表した。かなり錯綜した内容の決算だったが、とりあえず懸念材料を通過したということで、株価は上げたという面もあると思われるが、私が取り上げるのも同じである(本当は13日に取り上げたかったのだが、決算は鬼門なので1日待ったわけである)。
こういう地合いであり、また13日大きく上げた後なので、慎重に行きたい。最低でも2回、できれば3回に分けて買うつもりで、とりあえず17日は打診買いくらいがいいだろう。推奨銘柄である。

2月17日 0時33分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2098-1ef85508