いろいろ情報収集等していて、改めて思ったのは、やはり、時代はM2M、いやむしろもう少し幅広くI 0 T(物のインターネット)になりつつある、この流れは今後一段と加速するのは必至なのではないか、ということである。

今日の日経34面(社会面)に

NYのランチ もう待たない スマホ使い事前注文・決済

という大見出しの7段の記事が掲載されている。

ある意味、恐ろしいことだ。時代の進歩の速さ、そしてそれに取り残されて消えていくもの。オフィス街で荷車様のものに弁当を載せ売るというビジネス(NYにはそもそも無いかもしれないが)モデルは今後も成立しうるのだろうか。。

>産業革命以来の「物を作って売って儲ける」というビジネスモデルが崩壊しつつあります。

これは、ジョセフ・ベルトランの「競争市場においては、価格は限界費用まで下落する」という理論を引用した後に書かれているアプリックスの中期経営ビジョンにある文言である。

やや大げさに聞こえるが、そういう市場に直面している経営者の本音・悲鳴であろう。

さてアプリックスは中期経営ビジョンで
M2M関連のソフトウェア技術とハードウェア技術を組み合わせた「IoTを実現する技術」を競争力の源泉として機器からの通知(Beacon)を起点とし、人々の生活を豊かにする情報を提供するサービスによって収益を上げる」という新しい収益モデルを実現することが可能だと考えております。
と高らかに宣言している。
同社技術と、前記のNYのランチ風景とが結びつくのか分からないが、いずれにせよ、こうした技術に大きなビジネスチャンスが待ち受けていることは確かだろう。

一方、NSW(12月下旬WEB銘柄)は「セミナー・イベント情報」として、3.03日開催の以下の案内を出している。

「M2M/IoT DAY 2015 ~IoT元年、拡大する市場の最先端を行く企業が掲げるビジョンを公開~」のご案内

M2M構築基盤として多くのお客様からご関心をいただいている「Toami(トアミ)」。

 さまざまな業種・業態における事例や、当社と共にM2M/IoTビジネスを推進するパートナー企業の戦略を紹介するセミナーを開催いたします。
 M2M(Machine-to-Machine)およびIoT(Internet of Things)は、IT業界全体が現在特に注力している分野です。
 一般企業様におかれても様々なセンサーやスマートフォンなどのデバイスから収集される膨大な情報から、将来のビジネス拡大あるいはプロセス改善へのヒントを見つけるべく、システム構築を検討されていることと存じます。
 基調講演には、「Toami」がベースとする「ThingWorx」の提供元である米国PTC社のVP, Business Development Joe Biron氏をはじめ、シスコシステムズ合同会社 専務執行役員 木下剛氏、ならびに株式会社NTTドコモ 法人M2Mビジネス部部長 一矢康雄氏をお招きし、M2M/IoTの展望や各社の戦略についてご講演いただきます。
 なお会場には、Toamiの実機デモンストレーションや協賛企業各社のサービスを展示いたします。
 M2M/IoTをビジネスに活用することをご検討されているお客様のご来場を心よりお待ちしております。

注=アプリックスは2.13日引け後に2014年12月期決算と2015年12月期決算見通しを発表している。特殊要因で前期の減益幅が大きく拡大、PTSでは大きく下落している。ただ同日発表の中期経営計画は希望に満ちたものであり、月曜の株価がどうなるかは明確なことは言いにくい。

以上のようなわけで、私は、NSW、そしてアプリックスにM2M/IoT関連として特に注目している。
NSWは、この3日続落で調整十分とみていいのではないかと考えている。持ち株は自信を持って持続でいいだろう。
アプリックスは、かなり前、株価も現在よりはるか安い時にリスク覚悟なら買いも可的なスタンスのことを書いたと記憶する。現時点でも同様な見方である。ただし、月曜は乱高下も予想されるので、腕に自信のある方以外は見物にとどめるのがいいだろう。

他の銘柄はとりあえず省略するが、ハードオフ(推)についてだけ簡単に。
2.05日までこの銘柄にしては珍しく4日続落となったわけだが、その後は一転5連騰となり13日の終値は1133△5で1.27日に付けた昨年来高値1165円に迫ってきた。出来高の少なさを気にされる向きもあろうが、それだけ売り物が少ないという見方もできる。日証金では信用売り残は再び増加傾向、逆に買い残は1.29日の110300株をピークに減少傾向にあり2.13日には82600株まで減少している。素直にPERを見れば超割安は誰の目にも明らか。
さらに3月末一括30円配当という、これまた超高利回りに着目した買いもこれから本格化する期待が持てる。

2月15日 23時01分記

多くの激励のコメント、ありがとうございます。



Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2096-2739f2d5