「新四季報から発掘した有望株」、一部銘柄については、材料等を書いたが、そうでない銘柄について、遅ればせながら、ここで書くとしよう。

サカタのタネ=2015.3月期の予想経常利益は、会社発表が44.0億円。四季報も前号は44.0億円だったのだが新四季報では52.0億円に大きく増額している。海外が絶好調なのである。売り上げ比率も49%もあり、円安も業績を押し上げる。団塊の世代等のシニア層の園芸需要増大も好材料。

ミライトHD=2015. 3月期予想経常利益は会社予想136.0億円に対し四季報前号は156.0億円、新四季報は166.0億円。「東京五輪に向け道路の舗装や照明交換工事など受注強化。」という記述もある。

ルネサンス=「認知症予防プログラムが経産省委託事業に採択、自社施設等で効果検証後はリハビリ店等へ導入も。」とある。
認知症激増が社会問題としてクローズアップされれば、当社が本命企業として人気化する可能性を秘める。

FPG=2015.9月期予想経常利益は会社は45.83億円、新四季報はこれを丸めた46.0億円だが、2016.9月期について四季報は60億円という大増益を予想している。

ニュートン=ウェブクルーにTOB。ウェブクルーの営業利益からしてニュートンの経常利益も激増必至。

AOI Pro.=2015.3月期の予想経常利益は四季報は会社予想を1億円上回る21.0億円で、これは前号と同じ。2016.3月期予想経常利益は新四季報は前号を1億円増額して23.0億円としている。

12月18日 19時36分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/2031-7fc0136c