FC2ブログ
28日の相場は、予想通り主力株は軟調だったものの、2部、JQ、マザーズが、そろって高かったように、小型株は堅調なものが多かった。

こうした環境が向いている当道場銘柄は、全体としては堅調だった。
朝日ラバー(推)は好材料を好感して2530△500のストップ高。クリーク&リバー(9月下旬WEB銘柄)も791△41と急反発、サイネックス(推)、横田製作(推)等も高かった。
大和小田急建設(推)は一時安くなる場面もあったが終値は854△14。この強い動きは先行きの明るさを暗示するか。
アルゴグラフィックス(9月下旬WEB銘柄)も連謄で1981△11。推奨直後につけた1999円がいよいよ寸前となってきた。31日の決算発表を控え、高値更新となりそうだ。

一方、Nフィールド(推)、メディアフラッグ(9月下旬WEB銘柄)、技研製作、太平製作(推)などは下げた。人気離散となると、なかなか再浮上が難しい相場となっている。いたずらに弱気になることはないが、あまりに動きが悪い場合は、一部は動きのいい銘柄にチェンジしてみるのも一法だ。

ただ、本当に割安で価値のある銘柄は朝日ラバーの例を持ち出すまでもなく、どこかでまた見直される。この辺の見極めが難しいわけである。だから私は、売るにしても一気に全株売るのではなく、一部は残すことを勧めている。
日東工器(9月下旬WEB銘柄)、SBS、NIDは明らかに下げ過ぎとみるので、私は28日、少し買い増した。

10月29日 1時02分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1985-02f72ded