今回の相場急落で、個別銘柄の株価を見ると、ほとんどの銘柄は大きく下げたわけだが、下げ率には大きな差が出た。
大きく下げたのは、その銘柄に魅力がないからなのか、逆に下げ過ぎなのか、こうしたことを分析しつつ、次に備えることが重要だ。

以下、当道場銘柄について、いくつかに分けて、今後の見通しを書いてみた。

Ⓐ比較的堅調だった銘柄=横田製作(推)、鉱研工業、技研工業、Nフィールド(推)、クリーク&リバー(9月下旬WEB銘柄)
これら銘柄は、この大幅安のなか逆行高した強さを素直に評価していいのではないか。
横田、鉱研は地熱発電+リニア(トンネル区間が多い)、つまり2大材料を有するので特に強気でよさそうだ。
クリーク&リバーも値動きの軽さ、事業の将来性等から880円高値更新場面が見られるかもしれない。

Ⓑ突っ込み過ぎの銘柄=協立電機、NID、ニックス、サイネックス(推)
これら銘柄はこの大幅安でPERも信じられないくらい低くなっている。来期予想実質PERは
協立8.6倍、NID6.7倍、ニックス(2015年9月期)10.9倍、サイネックス11.1倍。新規に買ってもいい水準とみる。

Ⓒ割安になり仕込み場の銘柄=日東工器(9月下旬WEB銘柄)、アルゴグラフィックス(9月下旬WEB銘柄)
どちらも決算にも期待(後述)

Ⓓどこかで噴くと信じ持続あるのみの銘柄=太平製作所(推)、セーラー(9月下旬WEB銘柄)
どちらも材料等からして、このままでは終わらない。最長6ヵ月辛抱する気で。そうすれば3ヵ月くらい以内にはいい結果が出るとみる。

ポバール(9月下旬WEB銘柄)は、とりあえず月曜の株価がどうなるか見たい。基本的にそう弱気になる必要はあるまい。もし大きく突っ込むような場面があればナンピン買いもいいだろう。

【決算発表待ち】
10月下旬から当道場銘柄も続々決算発表となる。とりあえず、1Qの数字等から判断して好決算が予想されるものについて日程を示す。
10.31日=アルゴグラフィックス
11.04日=日東工器
11.07日=NID
11.10日=サイネックス、ニックス
11.14日=SBS

注=朝日ラバー(推)は11.10日。9月中間期の経常利益を四季報は会社予想の0.75億円に対し1.0億円に増額しているが会社情報は会社予想を踏襲している。

上記銘柄は、決算発表前(上方修正発表の可能性も考慮すればさらに少し前)、安い場面等を狙って仕込むのもいいだろう。

10月19日 23時48分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1975-bd5e3abd