FC2ブログ
9月下旬のWEB公開7銘柄のうち、日東工器とエンビプロについては、日々のブログ更新に追われ、材料等を書く約束を果たせないで来た。お詫びするとともに、以下に書くこととする。

著者選定銘柄          時価(9.29日前場終値)    目標値
A=6151 日東工器     2098円              2250円~2350円

推奨直後2224円まであったものの、その後反落、時価(10.15日終値)は2077円である。
水素ステーション向け高圧水素供給継ぎ手を生産しており、すでに供給実績もある。この材料で過去買われたこともあるが、今後、燃料電池車や水素ステーション関連でいろいろ具体的なニュースが出るたび、また人気化する可能性があろう。同社独自の迅速流体継ぎ手「カプラ」は、他の追随を許さないので、水素ステーション向けでも大きなシェアを取ろう。

ただ私が期待するのは、こうしたやや古い材料よりむしろ、業績のほうである。会社側は2015年3月期業績について、経常利益は前期比微増益の42.9億円(前期42.26億円)を見込むが、大幅上方修正必至というのが私の読みだ。
4-6月期は前年同期比29.2%の増益だった。四季報は48.6億円予想だが、これは最低線、さらに上回る可能性大とみる。配当も38円(前期34円)の予定だが、40円~42円程度になる可能性が十分ある。9月中間決算の発表はは11.04日。この前に上方修正、増配のIRが出る可能性もあろう。

C=5698 エンビプロ   655円    730円~760円
時価は593円と、推奨時に比べ大きく下げている。

業績絶好調、低PER、太陽光発電に参入(設備投資は8.32億円から23.19億円に急増) などですが、14日の下げは政府が太陽光発電に冷淡な対応を表明、地熱重視を 打ち出したことが影響しているのかもしれません。
と、読者へのコメントで書いたが、ウェストHDが決算が好調だったとはいえ、15日、1074△150とストップ高していることからして、太陽光発電関連=売りという懸念は小さくなったようだ。
折しも15日、同社は、この子会社を通じての太陽光発電事業に関してIRを出した。うまくコピーできないので、全体は各自ご覧いただくとして、簡単に書くとする。
子会社の匿名組合出資実行を決議した。これによりメガソーラー向けに初期出資として5.99億円を拠出することになる。重要なのは、九電から「九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申し込みへの回答保留」というお知らせ(9.24日)が出ているが、エンビプロの前記事業についてはすでに承諾通知書を受領しているので、影響はないという部分だ。

というわけで、同社の太陽光発電事業参入は滑り込みセーフとなったわけで、これは好材料だ。ごみ処理事業への参入も目指していて、前途は明るい。
来期予想1株利益は実質、名目とも92.8円。PERは6.4倍に過ぎない。大きく売られ過ぎたところへ、今日の好材料もあって、ここからはかなりの戻りが期待できよう。

注意=相場は現在波乱含みである。上記は相場環境の悪化は考慮していない。新規投資を考える方は15日の米欧株の値動き等も考慮して慎重に判断されたい。

10月15日 21時05分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1971-e91039a2