9月末のWEB公開銘柄のアルゴグラフィックスについて推奨理由、材料等について書こう。
なお時価(10.08日終値)は1912▼40。

著者選定銘柄(追加分)         推奨時時価 (9.30日9時20分)   目標値
F=7595 アルゴグラフィックス   1949円                  2150円~2300円

自動車向け等のCADシステム販売が主力事業の会社。子会社のジーダット(JQ上場)もCADソフト(EDA)の開発・販売会社で、両者の関係が分かり難い(素人の私には)のだが、ここにきてジーダットの業績が上向いている。パワーデバイスやイメージセンサー、タッチパネル向けの受注が伸びているという(会社情報)。これまでは親の足を引っ張っていたのだが、孝行息子に変わりつつある。
また海外ソフト販売の子会社のヒューリンクスはXML言語を使ったソフト開発のデジタルコミュニケーションを買収したが、この会社は取得特許が3件あり、金の卵かも知れない(詳細は承知していない)。

アルゴの主要販売先はホンダ、富士重工などの自動車メーカーであり、ジーダットもシャープ、ルネサスなどの半導体メーカーに加え、ここ自動車向けへの販売を強化している。自動車業界の好調を受け、アルゴの業績も好調という構図である。
4-6月期の経常利益は6.27億円で前年同期の5.06億円に比べ23.9%の大幅増益だった。9月中間期の予想経常利益は11.5億円(前年同期は10.89億円)を据え置いている。5.6%の増益ということだが、消費増税の反動減もあったはずの4-6月期で大増益を達成していることから、上方修正となる可能性大とみる。通期も5.4%の小幅増益予想だから、こちらも上方修正となろう。9月中間決算の発表は10.31日である。その前に上方修正の発表がある可能性もある程度はあろう。
来期予想実質1株利益(四季報予想をもとに算出)は157.4円。時価の実質予想PERは12.1倍。今期業績の上方修正、つれて来期業績も四季報予想を上回るとなれば、これは11倍弱程度になる可能性が高い。
1株純資産1681円、無借金、配当60円(配当利回り3.14%)等、どこをとっても割安、出遅れ以外の何物でもない。好決算期待を背景に、9.30日につけた1999円高値更新から目標値の2150円以上を目指すことになろう。

相場見通し等については深夜に。

10月08日 21時20分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1964-1bf08734