FC2ブログ
あっという間に、相場環境は極端に悪化しているようだ。特に8月から9月22日までに大きく上昇した人気株の下げがきつい。主だったものを示すと以下のようになる。
        
         最近の高値   10.1日終値
朝日ラバー   3435円      1790円
エスクロー   25800円     9670円
ソディック     1949円     1061円
構造計画     3090円     1718円
日本電計     2299円     1442円
DDS        1061円      782円

昨日のクリーク&リバーの値動きといい、今日の太平製作(推)の値動きといい、あまりのスピードに、だれも付いていけない状況だ。

私の今日の値動き(前日比でのプラスマイナス)を開示して、読者諸氏のお慰みにしよう。

⓵朝日ラバー(推)、クリーク&リバー、横田製作(推)などが高く始まり  + 380万円
②その後も順調で、セーラー急騰もあって                    + 600万円
③朝日ラバーが大幅安に転じその他銘柄も大半がマイナスとなって    -1670万円
④太平製作がストップ高したため、一気に                    + 270万円
⑤太平製作の乱高下に翻弄され同株が△25にとどまったため       - 890万円

まあここまで、相場が荒れると、いちいち解説などしようがない。こういう相場はいやというならやめるしかないし、心臓に悪いというなら持ち高を少なめにしておくのが良い。

太平製作は国会で安倍首相がCLT(直交積層合板)について発言したようで、これが伝わると一気に急伸、291△80とストップ高し年初来高値も更新したわけだが、その後は売り物も大量発生し終値は237△26(東証2部値上がり率3位)。まあしかし、これで私独り孤独の中で叫び続けてきたCLTが完全に市場に知れ渡り始めたということであり、これで終わり。とはなるまい。270円から290円程度で終わるか300円突破となるか。

セーラー万年筆が一気に人気化。9時33分には48△10まであって終値は43△5(東証2部値上がり率2位)。
万年筆ブームで業績は予想以上によさそうだ。ロボットの受注も好調で、株価は予想していた以上に面白いことになりそうだ。
先ほど調べていて面白い事実がわかった。社長の中島氏という方は旧大蔵省で主計局次長まで務めた人で「官民癒着」追及で矢面に立たされ辞任、その後京セラの稲盛氏に拾われ、いきなり現場へ配属され、 半年ぐらい経験を積んだある時、稲盛さんから「コピーの三田」と言われるほど有名だった、三田工業(株)(現:京セラドキュメントソリューションズ)の再建を託され、見事に再建したという実績の持ち主なのだ!その後セーラーに移り、前社長急逝を受け社長就任、現在、「第二の創業」を掲げてセーラーの再建に邁進中というわけである。その成果が、今出ようとしているわけだ。四季報は来期減益予想を打ち出しており、これが株価にとっての悪材料のわけだが、おそらく、この読みは外れるだろう。そしてセーラーの株価は・・・・

10月02日 0時12分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1957-7caaec9d