前稿の「 四季報から発掘した有望株 」12銘柄は、全て値上がりした。
(  )内は所属市場内での値上がり率ランキング。

2460 ヒビノ       2260△ 89
3773 アドバンストM   1009△ 39
4243 ニックス       923△ 75(15位)
5985 サンコール      663△ 26
6051 IRジャパン      940△ 69(19位)
6870 フェンオール    1737△ 42
6874 協立電機      1601△182(11位)
8998 SBIライフ      775△ 32(20位)
9069 センコー       504△  4 
9179 川崎近海汽船      343△  5
9768 いであ       1615△ 60                
9782 DMS         810△ 82(12位)

読者の中には、この12銘柄のすべて、あるいはかなりを買われた方も結構あったようで、うれしい。なぜなら私は4勝1敗を掲げていて、ある程度多くの銘柄を買ってくれれば、まずいい成績にしてみせる自信があるからである。

朝日ラバー(推)が2550△500(JQ値上がり率4位)とまたもストップ高。あっさり上場来高値2500円を更新した。どこまで行くか予測不能だが、よく考えて対処しよう。私はピーク時の89%保有。
「マイクロ流体デバイス」の可能性を考えると、2000円は最低ライン、あわよくば5000円以上もありうる(1万円とか薔薇色の夢に浸る人も出かかっていようが、私はとりあえずそこまでは言わない)。つまり下げても2000円前後は死守しよう。上げた場合は3000円、4000円、あわよくば5000円以上もありうるということである。
こうしたことを頭に入れて分けて売る、せめて最後の1単位(ごくわずか)はぎりぎりまで売らない、という作戦をお薦めする。

横田製作(推)、太平製作(推)、Nフィールド(推)が冴えない動きとなっている。しかし、これは相場の流れでそうなっているだけのことで、ここで叩き売る選択肢はない。
逆に、長く雌伏を強いられてきた銘柄、共立印刷(6月末WEB銘柄)、アジュバン(同)、東リ(同)などの動きがいい。共立印刷は7.08日につけた313円の年初来高値を更新しそうだ。

9月17日 0時27分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1945-703a7a03