想像を絶するような激しい相場展開になっている。
ただ、一見とんでもなく下げたようでも、当道場銘柄は、推奨時(あるいは推奨直後値)と比べて、それほど大きく下げているものはなく、逆にとんでもなく上げているものは多いので、トータルでは、まずまずのはずである。
目先の乱高下に動揺することなく、適切に対処していきたいものである。

サイネックス、横田製作所(推)、Nフィールド(推)太平製作所(推)、鉱研工業などが、大きく下げた。ただ、ソディック、アイサンテクノロジー、図研など、ここ大きく上げた銘柄は、ほとんどが急落しており、個別銘柄に問題があって下げたわけではないことに留意しよう。主力株に物色の流れが偏りこういうことになっているのであり、流れが変わるのを待とう。現時点で、私は、これら銘柄の先行きに関して強気である。

朝日ラバー(推)は安寄り後1180▼170まであったが後場後半には1650△300と3日連続のストップ高、そして最後は1531△181。これでは株価の予想を書くといっても無茶というものだ。
あまり欲張ると失敗するものだが、この銘柄に関しては、やはり只者ではない。これまでの動きからしても、想像を絶する相場になる可能性を秘めているように感じられる。なんといっても材料のすごさが群を抜いている、無限と言ってもいいほどの可能性を秘めているとみるからである。
あとは各自、資金の性格、ご自身の性格も勘案して対処されたい。迷ったら、分けて売る、少なくともごく一部は売らずに残すというのがいいだろう。
私?、まだまだ売りませんよ。まあ今日は勤皇明日佐幕ではありますが・・・・

9月11日 0時38分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1940-4ad92f7e