小生の虫刺されでは、いろいろご心配いただき恐縮している。感謝申し上げます。
アナフィラキシーショックではと言われ、調べてみたら、まんざらそうではないとも言えなさそうだ。何にしろ、妻(ハチには刺されていない、ムカデも恐らくやられていない)の方はほぼ完治したのに、私だけ回復の気配がないのがおかしい。あれだけ、いろいろ刺されたり噛まれたりしては、複合汚染ではないが、体がどうかなってもおかしくない。考えてみれば、私はピリンアレルギーだし、繊細というかやわな体なんであった。明日は薬局で相談、場合によっては、泣く泣く皮膚科に行くとしよう。

【相場の現状と対処方針】
相場の方であるが、こういう相場もなかなかないというような特殊な状況になっている。すなわち、東証1部(日経平均、TOPIX)は底堅いと言えば底堅いが、膠着状態が続き、年初来高値更新はおろか昨年末値を下回ったままだ。なお、それでも規模別株価指数の小型株指数は8.27日に年初来高値を更新した。一方、2部指数、日経JQ平均は、ここ連日年初来高値を更新している。マザーズ指数はさすがに年初に付けた高値には及ばないが、ここ着実に戻し、そこに迫りつつある。
要するに、東証1部の主力株、大型株は冴えない動きが続くが、それ以外は、最近はずっと堅調な値動きとなっているということである。だから、こういう流れを見抜き、流れに乗る銘柄中心のポートフォリオに早めにしておけば、かなりの投資成果が得られたわけである。

私自身で言えば、これだけうまくいったのは、バブル期を除けばなかったのではと思えるくらいうまくいっている。だから、逆にここは、大いに迷うところである。つまり、守りに入るか、この波に乗ってさらに強気に攻めるかである。決して自慢とかではなく、私は、ここ持ち高を減らそうと、かなり売っているわけだが、それでも総運用額をチェックすると、全く減っていない。つまり売り越した分だけ値上がりして、結局チャラということである。それで、私はまたうーむと唸るわけだ。

悩んでいてもしようがない。一段と売りを強め、持ち高はある程度減らす。しかし、十分すぎるほど上げた銘柄、あまり見込みのなさそうな銘柄を売り、ある程度は、新たな種まきもする。これが、現時点での私の方針だ。読者諸氏(特にうまくいっている方)も参考にされたい。

【個別銘柄の見通し】
横田製作所(推)は、壮大な上げ相場に入ってきたのかもしれない。29日は結局1766△300のストップ高比例配分となった。その後のPTSでは2000△234が最終取引値。
掲示板では広島市の水害から次第に本来の地熱発電へ目が向き始めている。これに加え、リニア新幹線関連としても再び評価されていい。以下に同社HPから注目すべき記述を引用しておく。

>ヨコタは、1953年の会社創業のきっかけが「炭鉱掘進用ポンプ・バルブの開発」だったこともあって、各種トンネル用の特殊ポンプ・バルブは数多く製作して来ましたが
>トンネルは、それが地上トンネルであれ、海底トンネルであれ、地層や水脈を横切って作られますから、常に湧き出てくる水を排水する必要があります。その量は、大きなトンネルになると日に何千トンにもなることもあります。

今から大騒ぎするのもなんだが、読者が安売りするのは忍びないので、あえて書くが、上場来高値2573円挑戦の可能性も十分あるという想定で、売り時期は考えるところだろう。

太平製作所(推)は29日、289△25まであって(年初来高値更新)270△6。しかしあのぼろ株(失礼、ほとんど利益が出ないという意味である)のミナトエレクトロニクス(昔私はどこかで推奨した)が28日101△30とストップ高、30日には135円を付ける時代である。業績絶好調で、時代の要請にこたえる太平製作の株価は少なくとも1度は300円台を付けていいのではないか。

サイネックスは安く始まったが切り返し1298△38の高値引け。地方経済の不調、地方の消費不振が言われる。9.03日の内閣改造では地方創生担当相が新設され石破氏の就任の可能性も言われている。こうしたことはサイネックスにとって追い風となろう。微妙な段階だが、本格的に息を吹き返す公算大とみる。

ITフォー(推)は、この銘柄にしては珍しくPTSで商いが成立520△10。業績絶好調でもあり11連騰後の微調整も終了。いよいよ高値更新とみる。

Nフィールド(推)は4285▼90まであって4380△5。ここもたついているわけだが、何ら問題ない。エネルギーを貯めているとみればよい。遠くない将来、人気再燃、高値更新から5000円挑戦を信じよう。

蛇の目、クラリオン(3月末WEB銘柄)もまだ相場は終わっていない感じだ。
CAC、あいHDも強気でいいだろう。
日本光電工は大幅な株不足が続き0.1円ながら逆日歩も継続、じり高が続きそうだ。

8月31日 23時19分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1927-075b93be