FC2ブログ
23日の相場は中小型株中心に値上がりした。日経平均は20円高だったが大型株指数は小幅マイナス、TOPIXも同様だった。情報・通信、証券、電気・ガスなどが値下がりしたためである。

当道場銘柄は引き続き堅調なものが多かった。
ジャムコ(推)が1880△63の高値引けで、推奨直後に付けた1887円(4.22日)に迫ったわけだが、終値としては4.24日に付けた1863円の戻り高値を2ヵ月ぶりに上回った。3.20日に付けた年初来高値の1949円更新への期待が高まる。

放電精密(推)も3連騰で760△14。13週移動平均線が26週移動平均線を上抜くゴールデンクロス実現。6.13日に798円まで買い上げた向きがどう出るかだろうが、いよいよ800円回復から1.23日に付けた827円更新があるかもしれない。

CAC HDは4日続伸で年初来高値更新。こういうじり高を続ける相場は、長命で結果的にかなりの値幅となるケースが多い。強気堅持。

あいHD、アルプス技研(年初来高値更新)、ノーリツ鋼機、東リ、アジュバンなども高かった。
クラリオン(WEB公開銘柄)、滝沢鉄工は一服となったが、心配無用だろう。

テイン(推)は530△18と高寄りしたが、ここが高値となって反落、終値は491▼21。ある意味、定石通りの動きと言っていいだろう。ここから上に行くのか下に行くのか、そしてその動きにどう対処するか、まさに技量が問われるところだ。一押ししてこその大相場だが、そううまくいかないケースもままあるわけで、臨機応変、相場は相場に聞くで行くとしか現時点では言えない。

6月24日 0時24分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1856-d635de29