ロボット関連銘柄の暴騰が止まらない。
菊池製作所 9300△440(高値は10140)
CYBERDYNE 9590△990(同10100)
川田テクノロジーズ 6220△1000
ハーモニック 4565△700

CYBERDYNE、菊池製作所は、ともに今期予想経常損益はマイナス=赤字である。川田、ハーモニックは高収益企業だが、それでもPERは30倍を超える。
そして、このロボット相場、元来介護ロボットだったはずだが、川田やハーモニックは産業ロボットの会社である。もちろん、ハーモニックが「生活支援ロボットにニーズ探る」(新四季報)といった動きはあるが。

それはともかく、これだけロボット関連銘柄が大幅高し、かつ介護ロボットメーカーから産業ロボットメーカーにまですそ野が広がっている中、今度こそ、経産省の以下に掲載した事業(2013年5月28日)を手掛けるメーカーにも、目が向けられていいのではなかろうか。24の事業が採択されたわけだが、このうち上場企業の物は、以下の10である(以前紹介したものをコンパクトにした)。

ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業) 第1次採択事業一覧

3 株式会社菊池製作所
高齢者の外出意欲を促進させる体重免荷移動支援機の開発
移動支援

6 富士電機株式会社
センサ・ネットワークによる見守り機器開発
認知症の方の見守り

9 富士機械製造株式会社
移乗介助用サポートロボットの開発
移乗支援(非装着)

10 東海ゴム工業株式会社
寝たきり要介護者にも対応できる移乗支援ロボットの実用化開発
移乗支援(非装着)

11 トヨタ自動車株式会社
移乗ケアアシストの開発と評価
移乗支援(非装着)

12 東海ゴム工業株式会社
スマートラバーセンサとカメラを併用した見守りプラットフォームの構築
認知症の方の見守り


15 船井電機株式会社
ロボット技術・ネットワーク技術を活用した歩行支援機器の開発
移動支援

17 シャープ株式会社
家電技術をベースとした見守り支援プラットフォームの開発
認知症の方の見守り

20 東リ株式会社
コードレス無線見守りマットの開発
認知症の方の見守り

22 NKワークス株式会社
3次元電子マットによる見守りシステム
認知症の方の見守り

23 TOTO株式会社
居室設置型移動式水洗便器の開発
排泄支援

企業規模を考えると、株価にインパクトのあるのは、菊池製作所、NKワークス(ノーリツ鋼機子会社)、東リの3社(あと強いて加えるならば東海ゴム、TOTOか)である。言うまでもなく、菊池はすでに今年に入ってからだけでも株価は6倍以上になっている。

となれば、ノーリツ鋼機(推)、東リにも、突如、物色の手が伸びても不思議はなかろう。見守りシステムはロボットではない、マッスルスーツじゃないと、などと贅沢を言う方がいるかもしれないが、経産省(兜町は役所に弱い)が、「ロボット介護機器開発・導入促進事業」としてはっきり認めているのである。しかも行方不明者1万人時代であり、徘徊老人を出さないようにすることは、今や介護施設等にとっても大問題であり、だからこそ、経産省に採択された事業で見守りシステム的なものが一番多かったのであろう。さらに言えば、こうした見守りシステム開発の中でも、最も先行している(少なくともその1社)のがノーリツ鋼機であり、「今期、病院向けに発売も。」(新四季報)と言われているのである。

6月16日 20時44分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1848-2a98ebd8