相変わらず、分かりにくい相場だが、それでも、ようやく、当道場銘柄は、おおむね堅調だった。
CAC HDは1205円まであって終値は1174△19。
アルプス技研も1086円まであって1079△3。
どちらも年初来高値更新。
夢の街(推)は821△17まであったが終値は804±0。なお後遺症が残り、すいすい戻すというわけにはいかないということか。
あいHDは1701▼18。この銘柄に限らず、読みにくい動きをするのが今の相場と割り切って行くところだろう。私は1700円割れを少し買い増した。

【アクセル社=CAC子会社=の株価が急騰】
インド市場でAccel Frontline (アクセル社)の株価が50.1△5.00(単位=ルピー)と急騰、年初来高値を更新した。
CACの取得価格は1株当たり約45ルピー(1ルピー=1.64円)。総額13.38億円。
これが1株50.1ルピーに上昇、1ルピーも1.73円程度と、アクセル社取得時に比べルピー安なので、総額は15.72億円。つまり2.34億円の含み益状態になったわけである。
リクルートの含みが控え目にみても30億円、これにアクセル社の含みも、これから積み上がる展開となれば、相場は一段とスケールアップしたものになりそうだ。

6月10日 2時25分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1840-3259fa4a