FC2ブログ
相場の方は、ようやく落ち着きを取り戻してきたようで、久しぶりにのんびりできる。

私は今日、道志に行き、我が家のすぐ脇の斜面に生えているなんじゃもんじゃの花を見て来る予定だったのだが、いろいろあって玉突き的に変更、自宅でこれを書いている。道志のなんじゃもんじゃは先週行ったとき、7、8個、あの独特の綿菓子のような花を付けていた。もう満開なのかこれからいっぱい咲くのか分からず、今週確かめにも行きたかったのだが。

少し前の話だが、読者のdawaooさんに、なんじゃもんじゃ偵察の件をお知らせすることになっていた。その後何度か例の園芸店に偵察に行ったのだが、7本のなんじゃもんじゃは、まったく花の咲く気配はない。もはや今となっては、今年は咲かないということが確定だ。残念。dawaooさんに教えてもらって(なかなか咲かないから咲いたら買うといい)、一気買いを思いとどまって正解だった。感謝。

1本だけ買ったのも、まったく花は咲かなかった。やはり800円だけのことはある。一方1800円で買った花芽付き一歳ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)は順調に開花し、今はもう枯れている。たくさん花をつけたのだが、1メートルもない樹高のため、目の下に花を見る形になり、本物のなんじゃもんじゃのああと見とれる高揚感は味わえない。まあうちの1本と園芸店の7本を気長に見守り続けるしかない。

昔、ソメイヨシノを買ったら、翌年開花したのを見たら、白い花が…、大島桜だったのだ。去年、また懲りずにソメイヨシノを買ったのだが、今年、移植のせいか花芽は付けず葉がやけに早く出たところを見ると、またしても大島桜か山桜としか思えない。庭木業者にはトレーサビリティなどという概念はなく、いい加減なことおびただしい。

去年の秋に求めたスモークツリー(別名=ハグマノキ、ケムリノキ、カスミノキ)は一歳ヒトツバタゴの隣においておいた(どちらも鉢植え)のだが、最近になって開花し始め、楽しみにしていたのに、どうも様子がおかしい。「長く伸びた花柄が煙ったように見える不思議な姿」というのが売り物のわけだが、どうもいまいち煙らないのだ。それで調べたら、なんと「煙を楽しめるのはメスの木だけ」とあるではないか。雌雄異株で、スモークを楽しめるのはメスの木だけだというのである。「確認して購入したいものです。」(『大人の園芸 庭木 花木 樹木』)と言ったって、オスを売るのがおかしいんじゃあないの。おまけにホームセンターで買ったわけで、そこのおばさんにそんな知識があるとも思えない。半世紀も前、祭りや縁日で、にわとりの雛が激安で売られていて、育てて卵をと思って買って帰ったら、親にそれはオスだと言われてショックを受けた子供多数(小生ではありませぬ)という頻発したであろう事件を思い出したことだった。

ミモザの木を買ったはずが、黄色の花が春に咲くはずが、なんと秋にわずかに黄みを帯びた冴えない花が咲くという事件については、かなり前に書いた。

ことほど左様に私が、結構惚れ込んで求めると、決まって悲惨な結果が待っている。
それでも懲りずに買って来るので、我が家には、いろいろおかしな木、花があるのだが、さして広い庭ではないので植え場所がもうなくて、鉢植えのままついの住み家を求めてさまよっている。

ムスカリに続いてアシュガの花も終わり、今はシャガ、紫蘭、ショウブ、サツキが咲き、岩タバコがつぼみを膨らませている。
これからは春の剪定シーズンで忙しくなる。手始めに梅の木の剪定をしていたら、なんと実が奇跡的に1個だけ付いて楽しみにしていたのを切り落としていた!紅梅のため実はつけないと業者に言われていたのに、がんばって1個付けてくれたものを・・・・

5月24日 21時04分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1825-468768d7