8日は何とか反発したものの、実態はお寒い限りだ。つまり、日経平均こそそれなりに上げたが2部、JQ、マザーズはそろって値下がり、特にマザーズは年初来安値に迫った。

こういう相場でも、私というか、当道場はというかは、比較的うまくいっている。夢の街(推)で大きく稼ぎ、ここに来てはジャムコ(推)、放電精密(推)が健闘しているからである。

しかしコメント等からほの見えてくることから想像すると、私のやり方、推奨している方法とは、かなり違い、買った後下げた銘柄をいつまでも持っていたり、強く勧めた銘柄が買わなかったりと、ちぐはぐなやり方で傷を負っている方もいらっしゃるようだ。

私は、自分のやり方を、何も隠さずお教えしようと思っている。それでも公開できないこともある。ある銘柄をどの時点でどう売ったかの詳細等である。雪崩をうったように読者諸氏の追随売りが出る恐れがあるからである。そうしたことを別とすれば、私は極力自分の運用実態を明らかにするようにしている。
ポートフォリオを時々明らかにしているのも、そうすることで、読者の参考に供しようと思ってのことである。逆に言えば、私がポートフォリオの中核に据えていると公言している夢の街は、ぜひとも読者諸氏にもそうしてほしいから明らかにしているわけである。そして最近は放電精密の比率も高めていることは、熱心な読者ならお分かりのことだろう。

ただ漫然と推奨銘柄を買い、売り時期を失したら塩漬け、塩漬けが増えてきたら新しい推奨銘柄は買わない(買えない)では、うまくいかない。推奨銘柄があまりに高く寄るようなら見送る、強く勧めている銘柄は必ず買う、ある程度上がったら一部は売る、持ち株の売る順序は、先の見込みのなさそうなものから、こうしたことをマスターし適切に対処することが重要である。
私が口を酸っぱくして、読者諸氏の努力、技量アップを言っているのは、それなくしては、運用成績もさほど挙がらないと考えるからである。

こういう閉塞感の強い相場では、これという絶対上がる(これは言葉のあやで、相場に絶対はないわけだが)銘柄を発掘、集中投資することが挽回のカギを握る。
今その候補銘柄を選定中である。外部環境も含め変動要因が多いので確約はできないが、早ければ明日の午後、遅くも来週初めには、何らかの情報はお出しできると思う。

SRA、ジャムコ、テクカル電子(推)、ヤマダコーポレーション(WEB公開銘柄)が決算を発表した。
13時30分にまずまずの決算予想と増配を発表したヤマダコーポレーションは、その後むしろ値下がり。まさに今の相場環境を映したものだった。SRA、ジャムコはほぼ文句のない好決算だったが、月曜の反応はどうなるか。

5月09日 0時34分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1809-22660313