2014.04.08 慎重運転で
7日の相場は、先週末のアメリカ株の大幅安を受けて大幅安となった。主力株中心に全面安で値上がり銘柄数は216、値下がり銘柄数は1513に達した。2部、JQの下げは比較的小さかった。

当道場銘柄は、こうした中、善戦した。すなわち大同工業は安く始まったが切り返し325△4と逆行高。またEMシステムズ(推)は2283△55と大幅高。夢の街(推)は先週末同様、引け際戻し2697▼2の小幅安。

「小さく負けて大きく勝つ」のが、相場で勝つ極意である。今のような悪い地合いでは、あせらず、下げ局面ではマイナスは覚悟、出来るだけ軽傷にとどめることが重要だ。そのためには、こうした地合いでも大崩れしない、あるいは堅調な銘柄を、できれば主力銘柄として保有することが有効だ。

現時点でNYダウは100ドル程度の値下がり、為替(対ドル)はほぼ横ばいとなっている。7日に大きく下げたこともあって、CME日経平均先物は小幅な下げにとどまっている。NYダウが下げ幅を縮めて終わるようなら、8日の日本株は、小型株中心に堅調な展開もありえよう。ただしNYダウが大幅安で終わるようだと、そう楽観も出来ない。
いずれにせよ、視界不良、GW接近なので,ここからは慎重にいきたい。

4月08日0時42分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1777-9df6e2bd