今日は鷺沼(川崎市宮前区)まで出かけたのだが、あまりにめまぐるしい天気に驚かされたことだった。鎌倉でもそうだったのかも知れないが・・・
何でも株に結びつけてしまうのが相場師、今の相場も今日の天気と同じだと思ったわけである。
NYダウは史上最高値に迫っていた(3日は一時更新したわけだが終値で更新しなかったので、こういう場合、更新とは言わないのは拙著にも書いた通り)わけだが、4日は雇用統計の発表を受けても初めは堅調だったのだが、急失速、結局、160ドル(0.96%)の大幅安で終わった。

これを受けてCME日経平均先物も大幅安となっている。
私は、4日のNYダウ堅調(当初)を見てにんまり、最高値圏にある懐勘定をにらみ、月曜以降、かなり売り姿勢を強め、予定通り、4月20日過ぎくらいまでには、かなり身軽になって春眠入りと、皮算用していたのだが、これでちょっと目算が狂いそうだ。

とは言え、アメリカの場合、雇用統計はまずまずの内容、4日の下げも深刻に考えるようなものでないというのが大方のコンセンサスだろう。というわけで、基本的な考え方・戦略は現時点では、変更の必要はなかろう。

少し空白が長引き、更新を待っていてくださる読者も多かろうと思い、とりあえず、とりとめのないまま書いてみた。詳しくは6日の夜に書くので、お待ちいただきたい。

4月06日 0時01分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1775-20f996c3