『「鎌倉式」株投資法でストップ高連発株が続々見つかる! 』購入者特典として読者の方限定でWEB公開 (3.27日12時過ぎ)した5銘柄を、予定より少し早いが、以下に示す。3月下旬に公開としていたが、今4月になり公開されていることは周知であり、早めに今後の見通し等を書くほうがいいと判断したからである。

著者選定銘柄          時価            目標値         現在値(高値)       
A=6373 大同工業     273円( 274円)  330円~ 370円   287円( 294円)
B=5941 中西製作所   1058円(1081円)  1150円~1230円  1217円(1265円)
C=6392 ヤマダコーポ   394円( 402円)   460円~ 510円   425円( 439円)                   D=6796 クラリオン    157円( 157円)  175円~ 185円   166円( 166円)
E=3040 ソリトン     687円( 695円)  770円~ 850円   741円( 786円)

注=「時価」は3.27日前場終値、その後の(  )内は同日の後場の始値。また「現在値」の後の「高値」は公開後の最高値。

以下、今後の見通し、対処方針等について書く。

中西製作所、ソリトンは、すでに目標値(の下限)を達成した。
中西製作所は今期(2015年3月期)予想実質1株利益は190.4円であり、なお実質PERは6.4倍にとどまる。もう十分上げたとみるか、なお超割安とみるかの綱引きとなろう。
ソリトンはLTEの急速な普及で同社の次世代映像伝送品に期待できる。折しもドコモも海外でLTE(KDDI、ソフトバンクは2013年9月開始)という報道があった(日経3.27日朝刊)。この辺が評価されれば大化けの夢もあるかもしれない。

残る3銘柄では、大同工業、クラリオンは、ここから買うのも面白い(多少のリスクは覚悟されたい)。

大同工業については後日書くこととし、ここではクラリオンについて書く。
私はある程度は買ってあったのだが、ここに来ての動きがどうもおかしい(いい意味で)ので、今日、思い切って164円、165円で、かなり買ってみた。ここまでくれば171円の年初来高値更新は必至、さらには昨年の高値183円更新も十分期待できるとみたからである(年初来高値吸い寄せ理論)。グーグルと組んだクラウド音声認識機能、日立オートモティブシステムズと連携しての自動駐車システムに期待。

4月01日 21時32分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1771-e4a9b78d