FC2ブログ
27日は、配当落ちもあって、アメリカ株安を受けて日経平均は大幅安で始まったが、後場に入ってから間もなく徐々に戻り、結局146円(1.0%)高で終わった。ただ値下がり銘柄数が値上がり銘柄数と大差ない756でも分かるように、実態は小幅高。

当道場銘柄は、ローランドDGが続急伸、昨年来高値をあっさり更新したほか、EMシステムズ(推)も配当落ち分を埋めただけでなく2277△61と大幅高。
エスイー(推)、キトー(推)も上げた。大同工業、ヤマダコーポレーションも上げた。

日本商業開発(推)は2102▼103と3日連続の値下がり。3月前半、配当プラス優待合計の実質利回りの高さから人気化、大きく上げた反動がでているもののようだが、高値から748円下げ、そろそろ反発が近いとみる。

相場は、ここ日経平均高でも分かるように、東証1部の主力株が比較的堅調で,逆に、マザーズは大きく下げ、2部やJQも軟調な展開となっている。これは、いつも言っている循環物色に過ぎず、持ち株の小型株の値動きが少々悪くとも、あせらないようにしよう。これまた、いつも言っているように、相場じゅんばんこであり、早晩、巻き戻しの動きがでてこよう。

3月28日 0時37分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1762-4085a677