DMS(推)について批判的なことを言われ茫然としたが、よくよく考えたら、かつても、こういうことが2回以上あったことを思い出した。デジャブである。

こういう方は要するに、推奨銘柄を、推奨時には買わず、ある程度経過後、推奨時株価や推奨直後値よりかなり、あるいははるかに高い値段で購入するわけであろう。そして、その後、買い値より値下がり(利食いチャンスもあったと思うが詳細を明示しないでの苦情なので不明)した、どうしてくれる、というわけである。

馬鹿馬鹿しい話なのだが、これくらい株式投資の基本が分かっていない方も読者にはいる(いてもいいのだが、普通なら、ある程度勉強し基礎知識を吸収した後、言ってもいい苦情・文句かを判断してからにして欲しい)ということなのだろう。

DMSは、2013年9.17日の推奨株である。実績表形式で示すと
 
DMS 580円(670円)→1900円(12.03) 806円   ☆☆

これで、何が悪いの?だが、どうも10月とかに830円とか900円とかで買って、その後も先生は景気のいいことを書いたから、あるいは推奨時、凄くいい話に満ち満ちていたから、売らずにずっと持っていた。そしたらなんと、買い値を下回った。これでは不満を持つ読者がいてもおかしくないでしょう、というわけである(らしい)。
それほどいい銘柄なら、いつか上がるはずでしょうと言う方もいた。

これについて、きちんと説明しようとすると、大変なことになる。受け身を知らない門下生に柔道技を教えろと言われても、脳震とう起こして死ぬかも知れんぞと断るしかないのと同じだ。

結論だけを書く。

推奨株は推奨時だけ推奨株なのである。
1週間とか1ヵ月とか経って、推奨時より大幅に下げているから、お買い得のはずだと買った、とか、かなり値上がりしていたが、先生はあれだけ強気を言い続けているのだから買ってもいいはずと買った、というのは(少なくとも、初心者や後で下げたら文句を言いたくなるような人は)やめてもらいたい。

私が推奨株について、推奨後、言及するのは、読者が、まだ持続でいいか売った方がいいかと迷うだろうから、その判断の参考にと思ってのことである。売れとかもうだめでしょうとは書けない(暴落しかねない)から、多少割り引いて読むべきときもありえよう。

いずれにせよ、「夢の街(推)は3000円を目指そう」と書いたからと言って、2700円とか2800円のとき、買いを推奨しているのでは決してない。推奨はあくまで「推奨銘柄」として推奨したときのみである。ご自分の判断で買うのはもちろん自由である。
夢の街は2700円くらいで、私の基本的役目・責任は終了、あとは読者が、私のコメントを参考にしつつも、独自に売り時を判断して欲しいのである。お前は4766円と言った!などと売りそびれて苦情を言われても・・・である。

前にも書いたことだが、私はただ銘柄を推奨だけして、後は各自で、という積もりだった。しかし、根が親切なもので、だんだんサービス過剰で、今のようなスタイルになったのである。ある程度株式投資の何たるかを知っている人に対するメッセージと思っていただきたい。
私の実績表を見てなかなかのものだと思ってくださる方はいいのだが、そう思えない方は、推奨銘柄も買わないほうがいいと本心から思う。

初心者の方ほど、上記のこと、しっかり受け止めて守っていただきたい。

推奨銘柄以外でも、私は、いろいろ銘柄を紹介している。腕に自信のある方やリスク大好き・何があっても文句言いませんというような方は、こちらもぜひ積極的に活用していただきたい。数日前から書いているEMシステムズは05日、2499△126と急騰している。

3月05日 23時45分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1742-773d04bc