19日の相場は、前日の大幅高の反動で値下がりする銘柄が多く、日経平均は77円安だった。ただ2部、JQ、マザーズは、そろって値上がりした。
こうした中、当道場銘柄は大半が値上がりした。
前々稿で「夢の街、日商開発、あいHDに注目」としたが、夢の街(推)2023△22、日商開発2210△177(昨年来高値更新)、あいHD1458△39(同)と、そろって値上がりした。ハーツユナイテッドも小幅高。
一方、渋谷工業(推)、CKD(推)、日立機材(推)、明豊ファシリ(推)などは、ここ動きが悪く、20日も値下がりした。最近の相場は、いったん人気離散すると、なかなか人気が戻らない。あまり、特定の銘柄にこだわらず、自在にポートフォリオを組み替えていくことが、いい投資成果につながる。

私はすでに書いているように、一気に夢の街を主力にし、ここに来ては現金を作って日商開発もかなり買った(かなり前に書いたが楽天証券では名証銘柄は現物でしか買えずかつ信用の担保にもならない)。また、ごく最近では、あいHD、ハーツユナイテッドも買っている。アスモ(推)は大半を持続中だが、出直りに向かいそうな雰囲気になってきた。

私の描くシナリオは、夢の街、日商開発が、とりあえず2500円に向かって上昇、あいHD、キトー(推)なども、それなりに上昇、またハーツユナイテッド(中計に注目)は新たなスターに育つかも知れないといったものである。テクノスマート(推)も500円を回復、出来高も増加傾向にあり、515円高値更新から一段高が期待できそうだ。

どうみても超割安で決算も良かったが安値圏に沈んでいる日立機材やCKD、またビジネスブレイン太田昭和を、どうするか、現在考慮中だ。ビジ太田昭はいずれ見直されると踏んでおり基本的に持続だが、日立機材とCKDは、相場は相場に聞くで、なお少し今後の動きを見て判断の方針。

拙著刊行に関し数多くのあたたかいコメントを頂いている。失礼ながら、ここで深い謝意を申し上げる次第である。

2月20日 1時49分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1727-296a4096