相変わらずの相場が続いている。値上がり銘柄数894、値下がり銘柄数692で、日経平均が271円高というのだから恐れ入る。またJQは、なんと12.11日から7立会日連続安となる。この3日間で日経平均は700円余上げたわけだが、その間もJQは小幅ながら下げ続けたのである。
やはり、個人投資家主体のため税率の低いうちにいったん売っておこうという売りが続いているとみるところだろう。
その売りであるが、2014年1.01日から税率アップのわけだが、株取り引きの決済日の関係で、現在の税率(10%)が適用されるのは、12.25日取り引き分までである。結局、税金対策の売りは20日、24日、25日の3日間だけになったわけだ。
税金対策で売られすぎになっているという見方が当たっていれば、そうした銘柄は26日以降、反動高が期待できることになる。実際のところ、どうなるかは分からないが、上記のことは頭に入れて、相場に臨むところだろう。

SANTEC、ネクシィーズ(こちらは当欄で取り上げた銘柄ではない)が、そろってストップ高となった。日本商業開発も1550円まであって1539△49と、あっさり年初来高値を更新。
一方、キトー(推)は、さすがに大きく上げたが、あいHD(推)は結局だれ、ピックルスも変わらずだった。フェンオール(推)も安く、大幅高が期待された明豊ファシリテも伸び悩んだ。需給関係と言ってしまえば、それまでだが、要するに、動きの悪い銘柄は、どこまで行っても動きが悪いということが続いている。「もうはまだなりまだはもうなり」という名言があるくらいで、一体この状況がいつまで続くか分からないが、25日までという見方も含め、いずれは終わるのだから、あせらず対処しよう。

出遅れ著しく、いずれは大きく見直される、だから、(すぐに上がらない場合も)辛抱できるなら、ここは絶好の仕込み場とみる銘柄を挙げておこう。

3076 あいHD    1238▼7
3817 SRA      1231▼3
6407 CKD      1059△7
6823 リオン      1522▼13
8008 4℃ HD    1485△5
2925 ピックルス    864±0
3393 スターティア  1513▼41

12月20日 0時07分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1656-01095646