前稿で書いたように、譲渡益にかかる税金が倍増することが原因か、必ずしも明確ではないが、いずれにせよ、相場は、今いびつな形になっており、ために、小型株の多くは厳しい展開になっている。そういうわけだから、状況が変化しないとどうにもならないわけで、いたずらに、ここでじたばたするのは慎もう。

逆につぼにはまったような銘柄は、軽快に上昇することになる。

SANTECは540△80のストップ高となった。OCTの将来性が徐々に知れ渡ってきたということだろう。日本マイクロ二クスがまたも3195△500とストップ高したが、こういう夢のある銘柄に賭けようという動きが強まっていて、SANTECも、その流れに乗ったとみてよかろう。とりあえず売ることは考えず、どこまで行くか楽しみに見ていよう。
注=日本マイクロにクスについては、12.16日付けでクッピーさんの質問にすでにお答えしている。

日本商業開発も1490△65の高値引けで、年初来高値1505円に、あと15円に迫った。2014.3月期の予想経常利益7.15億円に対し2015.3月期は四季報は11億円を予想している。驚異的高成長を素直に評価すれば、なお大きく上値を残していそうだ。

どう見ても、好業績で割安、下がることなど考えにくかったあいHDや明豊ファシリ(推)が下げ、また、きもとがもたつき、逆に先行き不安を抱えていたナガホリ(推)が、大きく戻している。木の葉が沈み石が浮く相場のわけで、軽挙妄動しないでとしか言いようがない。

2925 ピックルス 864▼25
立会い外分売(分売価格862円)が18日に行われたのが、この下げの原因と思われる。前期の9.74億円に対し2014.2月期経常利益は11.87億円予想(会社)だが、四季報は12.4億円予想、8月中間期の数字からすれば13億円前後もありうる。来期は四季報予想で14.4億円。この場合、実質1株利益は135.1円。2001年の上場以来株価は1度も1000円に乗せていない。遅くも来年早々までには1000円乗せとみて、私はじっくり買い集める方針。じっくり上がる銘柄をという方にお勧め。

6373 大同工業 305△4
あの低収益の会社が2015年3月期実質1株利益38.2円が見込まれている(四季報)。株価絶好調のクボタだが、大同工業の農業用トラクター向けホイールがクボタに採用されている。6.12日につけた310円の年初来高値を早ければ19日にも抜きそうだ。まだ買ってない方は高値吸い寄せパワー発動前に飛び乗り買いしたい。

このほか、あいHD、CKD、SRA、キトー(推)、テクノスマート(推)、スターティア等も割安歴然で、あせらず持続。ほかの動きの悪い銘柄の多くも、早晩、戻すとみてよかろう。明豊ファシリは、ここは陰の極、新規買いも良い。

12月19日 1時02分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1655-e9982a0d