雇用統計が良かったということで、06日のアメリカ株は大幅高となり、つれて為替相場も1ドル102.9円前後と1円以上円安となった。CME日経平均先物も大幅高となっており、ここスピード調整もした日本株は09日は堅調な展開が予想される。13日(金)はメジャーSQであることは頭に入れておこう。

CTS(推)は06日、2150円まであって高値更新、終値も2149△39。1対2の株式分割は12日が権利付き最終、13日が権利落ちだ。少なくともある程度は落ち前に売っておくところだろう。

ここ大きく下げて06日は戻したCKD(推)、エー・アンド・デイ(推)、また続落となったイトーヨーギョー(推)、テクノスマート(推)は、とりあえず持続で様子見。

ナガホリ(推)は290円で拮抗状態。285円から289円にはわされている大量の買いからして、上に跳ねると期待。月次の売り上げを公表していないが、好調に推移しているとみる。
ちなみに類似業態の、ジュエリーの4℃ホールディングスの月次売上げが06日発表された。11月は全店で対前年同期比110.7で3ヵ月連続の110台乗せと好調だった。
なお4℃ホールディングス(コード番号8008)は、11月までの累計売上げが前年比108.9、このままいくと2014.3月期の売り上げは525億円程度と会社予想の500億円を大きく上まわる。業績の上方修正も期待できる、1499円の時価は安過ぎ、ここで買うのもいいだろう。

12.02日に『会社四季報別冊・臨時増刊』が発売された。分かり難い広告で私は気付かず、08日になって購入。これは休刊となった『オール投資』がやっていた『四季報』先取りという企画を引き継いでいる。もうすでに、これで大幅高した銘柄もかなりあるが、全く無反応な銘柄もある。
とりあえずファミリー(推)の今期予想純利益が7.0億円と現行の『四季報』の6.2億円から増額されることが判明した。

12月09日 0時15分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1645-923c1d7f