04日の相場は、前日のCME日経平均先物が大幅安だった流れを受けて急落した。円高、NYダウ安などを原因に言う向きもあるが、どちらもわずかなもので、むりやり原因にされた感もある。結局、日経平均が突出して上げた咎が出たということだろう。ここ上げを主導した主力大型株の下げが特に大きかった。値上がり銘柄数は199にとどまり値下がり銘柄数は1483に達した。2部、JQの下げは比較的小さく、マザーズは1.15%の値上がりだった。

DMS(推)は、前日の増し担保規制強化で1353▼266まであって終値は1418▼201。なんとも言えないが、それなりに安値から戻したことであり、勘で言えば、まだ相場は終わっていないように思われる。

軒並み大幅安となる中、キトー(推)、アマノは結局は小幅安で終わったが、一時は小高くなる場面もあり、今後に期待を持たせる強い動きだった。

ナガホリ(推)は前日の8円高に続きこの日も289△2、これで変わらずをはさみ4連騰。終値としては、推奨直後333円高値を付けた日の300円以来の高値だ。ここからが正念場。

とりあえず、為替は小動き、NYダウは高くCME日経平均先物も60円余り高い。05日は反発するのを期待しよう。

12月05日 1時04分記

寝る準備を終え、パソコンをシャットダウンする前に確認したら状況は一変、NYダウもCME日経平均先物も下げに転じていた。警戒は怠らず朝を迎えましょう。

12月05日 2時23分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1641-bbedc75d