ここ数日、主力大型株高のかげで苦労して来たが、18日、19日は小型株優位の展開となり、当道場銘柄にも、明るい兆しが現れるものが増えて来た。

19日は、私の現在の運用資金配分1位を公言して来たCTS(推)が急伸、2038△100の高値引けで1955円(10.28日)高値を更新した。
いろいろ、おかしな買い方をしてうまくいかないと嘆く方がいるが、基本は推奨株を推奨直後に買うことである。
CTSの場合、10.10日、1641円で推奨、翌11日は1791円で寄ったので買いにくかったわけだが、その後の安値は1740円(11.01日、ザラ場)、終値の安値は1770円(11.05日)で、基本的に強い展開でじり高基調から、19日の2038円となったわけである。この間、繰り返し強気を貫き買いを言ってきたので、わずかでも買っておいて欲しかったわけである。

とは言え、ナガホリ(推)のような例(272円で推奨、翌日の寄り値は320円)もあるので、難しいわけではあるが。少なくとも1割以上高い値段では買わないようにするのがいいだろう。

さてCTSだが、前に書いたように、2006年1月に付けた2250円が当面の目標になろう。もちろん、慎重にいくなら、ここで一部は売るのもありだが。あわよくば2500円。

エー・アンド・デイは、急伸後、ここ3日、調整したが、そろそろ反発に転じていいところだ。相場は若く、ここから大相場に発展する夢を秘める。自動運転システム関連、来期業績急伸の評価はこれからだ。

【加地テックと岩谷産業】
ここ岩谷産業が強い動きとなっている。16日(土)付け日経朝刊で、燃料電池車に使う水素ステーションの基幹装置の生産を来年にも始めると伝えられたからと思われる。内製化を進め建設費を現在の半分以下の2億円程度に引き下げたいという。2015年までに20ヵ所の水素ステーションを整備する計画だ。

私は、日経の記事で「水素圧縮機・・・などは外部調達して組み立てる。」とあるのに注目する。ということは、水素圧縮機は主に加地テックから調達することになるのではないか?
日経の記事の影響からか加地テックは休み明けの18日は344△33と急伸した。19日は反落したので、頃や良しと、私は加地テックに電話、岩谷産業との関係等を聞いた。ここで詳しく書いてもかえってまずいと考えるので、それは後日の楽しみとしよう。まずまずの話が聞けたとだけ言っておく。株価は不安定な動きなので、慎重に行きたいが、燃料電池車の将来性を考えると、やはり加地テックの相場は、こんなものでは終わらないのではないか。押し目は断固買い。押し目がなかったら、リスク許容の方は買い。

11月20日 0時23分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1629-4155c442