2013.10.02 新しい試み
01日の相場は、一時はかなり上げる場面もあったが、結局、ほぼ横ばいで終わった。日経平均は187円高まであって引けは29円高、TOPIXは0.7ポイント安だった。主力株は比較的堅調だったが中小型株中心に下げ、騰落銘柄数は値下がりが1000近くと値上がりを大きく上回った。2部、JQ、マザーズもマイナスだった。

当道場銘柄は、あいHD(推)、住友電工、日本ドライケミカル、SBS HD、三ツ知などが上げた。
しかしJBR(推)、不二サッシ(推)、DMS(推)、サトーHD、フロイント工業などは下げた。

どうも、相場は方向感に欠け、出来高も細り、アメリカの財政問題も重しになって、積極的に出られる環境ではない。暫定予算のほうは結局9月内に成立しなかったわけだが、まあ終わったわけだ。しかし、連邦債務上限引き上げ問題が10月17日が限度ということで、ここでも混乱が予想される。こういう、最初から分かっている問題というのは、結局大したことにはならないというのが普通だが、それでも多少の警戒は必要だ。

明豊ファシリ(推)、フェンオール(推)、DMS(推)と、ここ推奨株は、直後に大幅高となり、うまく買えない状況となっている。こうした事態は、いずれはありうると想定していたことである。推奨しても、全く反応せずに、すんなり寄るとしたら(ブログ開始からかなりの期間経過後のことであるが)、推奨株の成績が悪いということに他ならない。
こうした状況に鑑み、新しい試みを始めることにした。
まだ推奨株にするか決めていない注目株を、前もっていくつか公表しようというものである。材料等は詳述しない。この銘柄は、後で推奨株にすることもあれば、しないこともある。読者諸氏は、それなりにリスクも高いことを承知のうえ、買う・買わないを決められたい。

5284 ヤマウ  (JQ) 268▼5
8298 ファミリー(JQ) 524△9

全上場企業で、来期予想PERが最も低いのが、ヤマウ、2位がファミリーである。もちろん、単に低PERだから選定したわけではなく、いろいろ好材料もあるわけだが、それは、ここではあえて書かない。

10月02日 0時32分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1571-2bedc840