25日の相場は続落した。大型株の下げは小さかったが、小型株の下げが目立った。2部、JQ、マザーズも下げた。2日連続ストップ高した日本コンベヤ(リニア新幹線関連)が急反落、熊谷組、大豊建設、世紀東急建設も大幅安。東京エレクトロン(アプライドマテリアルズとの経営統合発表)、新日本無線などが大きく上げた。日本郵船は高値更新。

当道場銘柄は、5分割の権利付き最終商いのJBR(推)が大幅安となった。権利取り忌避の売りがまさったということだろう。終値が384000円なので、26日の権利落ちの妥当値はこの5分の1の76800円から配当(当初予想1000円の5分の1=200円)を引いた76600円。
不二サッシ(推)は買い気配で始まり298△10まであったが、引けは逆に下げて278▼8。とりあえず300円近くまで戻したことで、目先の目標達成感から、売り物がかさんだということだろう。
アジアグロースキャピタルも122△23まであって引けは87▼12、横田製作所も1450△119まであって引けは1130▼201。これらに限らず、資金の逃げ足は速く、機敏な対応が必要だ。

住友電工、サトーHD、日立金属などの好業績優良株もそろって下げた。日本フェンオール(推)、フロイント工業、DMS(推)も下げた。

わずかに三ツ知が1045△60と急伸した。来期の大増益予想(四季報)が妥当ならなお大幅高余地があるが、上記のような例を念頭に逃げ場も考えておこう。

「金かえせ」には、すっかりやる気を失い虚脱感、虚無感に襲われた。実は、あれにとどまらず、同一人物から数分おきに計7個、また同類(同一人物からと疑われるものがほとんど)の呼応するようなコメントも10個くらいが寄せられた。1時間以内くらいのごく短時間にである。まあこういうのに、これ以上かかずらわるのはごめんなので、今後は、もう少しシビアに、こうしたものは遠慮なく削除する方針に転換することにした。
関係ない大多数の方には申し訳ないが、コメントは最低限の礼儀は守っていただきたい。
この余波で、本来返信すべきコメントも放置してしまったものがある。事情を斟酌のうえ、お許し願う。

9月26日 1時01分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1562-845673c3