27日の相場は、薄商いの中、小幅続落となった。シリア情勢が懸念材料として浮上しているわけだが、アメリカが軍事介入する可能性が高いとみられている。こういう見方も響いてか、アメリカ株は現在80ドル余の値下がり、円高傾向もあって、CME日経平均も大幅安となっている。
というわけで、ついこの間、やや強気転換を書いたわけだが、ここで、再び、元に戻って、やや警戒モードにしたい。

私は持ち株の大半を不二サッシ(推)とJBR(推)にし、、読者諸氏にも、この2銘柄の持ち高を増やし、これ以外の銘柄の持ち高は少なめにするようお勧めしてきた。おおむね、この方針は、ここまでのところ、奏功してきた。
不二サッシが目の覚めるような急騰を演じ、JBRは、ややもたついていたわけだが、ここに来て攻守交替というか、不二サッシが一息入れ、逆にJBRが飛び出しそうな雰囲気になってきた。

【JBRは来期、驚異的増益必至】
私は8.25日付け「バイノスの除染は急拡大」の稿で以下のように書いた。

今期(2013.9月期)の業績予想に、この売り上げは当然入っているだろうが、それでも4月からの仕事だから4.01日からだとしても半期分だけである。そうすると来期は通期寄与で最低でも2倍になるということである。前回の業績予想の修正で今期の売り上げ予想を86.81億円から104.01億円へ17億円余も増額したわけだが、来期は(細かいことは省略して)、この郡山の除染作業分通期寄与だけでも2(通期なので)×15億円程度=30億円程度は最低増加しそうだ。売り上げ100億円程度の会社で、ほぼ確実な分として、30億円も増加するのである。しかも「業務拡大要請を受けており」なのだから一体全体どれだけ、売り上げは膨らむことか。
訂正=半期で15億円とみているので通期では2倍になるが、そうしていなかったので訂正した。お詫びします(8.27日記)。

ところで、JBRのHPにSR Research Report 2013/8/26 というのが掲載されている(読者の方に教えていただいた。感謝申し上げる)。
このレポートに、JBRの環境メンテナンス事業(バイノス分)の売り上げ、営業利益の予想が掲載されている。
2013.9月期=売り上げ18.41億円、営業利益0.37億円
2014.9月期=売り上げ40億円、営業利益4~5億円

これを踏まえ、私によるJBRの業績予想を表にしてみた。

業績(百万円)  売り上げ   営業利益   経常利益
2012.9     7438      607      544   
2013.9予   10401     815      800 
2014.9予   13200    1300     1270  

2年で売り上げ77%(ケアレスミスがあったので訂正済み)増、経常利益は2.3倍に激増するのである。2014.9月期(来期ではあるが10.01日からは今期になるので、もはや2013.9月期よりこちらのほうが重要)の実質1株利益は13234円。実質PERは21.1倍に過ぎない。これだけの急成長企業で、しかもバイノスという放射能除染以外にも種々の展開が期待できる秘密兵器を擁することを考えると、並みの企業でもやや割高程度のこのPERは、余りに低すぎることが分かる。

株価はここ出直って来て8.20日に付けた309000円高値に迫ってきた。おりしも3位株主の光通信による株式大量売却で思惑を呼んでいる。来期業績の驚異的大増益がはっきりしてきた以上、株価は高値更新から、いよいよ本格的上昇軌道に入るのではないか。  

8月28日 1時09分記

追記=私は、コメントを承認制にして以降も、原則、すべてのコメントを承認してきた。ただ、最近、「こら」とか「てめえ」とか名前を呼び捨てにするとかの目に余るものがあり、こうしたものは、今後、断り無く自動的に削除することにした。承認制にしたさいに、これはお断りしたことでもある。新着コメントを確認するたび、そういう不快な文言を見させられるのが耐えられなくなっても来た。
ただ、万一、まっとうなコメントだったにも関わらず掲載されなかったような場合は、その旨お知らせいただきたい。ここコメントが多く、うっかり承認を押すのを忘れることもあるのである。また承認を押すはずが、間違って削除を押したとしたら復元不能なのである。そうしたケアレスミスもゼロとは限らないのである。
鎌倉雄介も深夜、いろいろ苦労しながらやっていることに思いを馳せ、ご理解願う。

2時00分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1531-d06120ee