16日の相場は、大幅安で寄ったあとは戻り歩調になったものの結局日経平均、TOPIXとも0.8%程度の値下がりとなった。2部、JQはわずかな値下がり、マザーズは小幅高。
いずれにせよ、エネルギー不足のなか、頼みの外国人が売り越しを続けていて、東証1部の場合、主力株には厳しい環境で、つれて、それ以外の1部銘柄も軟調なものが多いという状況だ。

私は、今年こそ4~5月で、株式投資はお休みにし、11月下旬くらいから再開というスケジュールを頭に描いてスタートしたわけだが、結局、ずるずると、やり続け、今日まで来てしまった。とは言え、4月末あるいは5月末と比べて、現在の資産状況は、はるかにいい。結果的には、休まず続けてよかったわけだ。だからこそ、さらにここでお休みという思いは強く、7月下旬以降、売り先行で持ち高を少なくしているのは、すでに書いたとおりだ。
8月を乗り切ったとしても、9月は中間決算がらみで、波乱含み、10月、11月は、ブラックマンデー始め魔の月だ。というわけで、今年こそ、この時期は持ち高を極端に少なくして「金持ち喧嘩せず」(いやみな言葉だが、私が自身のことをそういってるわけではないのは言うまでもない)で、充電期間に充てたいものだ。

もう1年くらい前になると思うが「1年を10日で過ごすいい男」(相撲取りについて言われた言葉)について書いたが、それをもじって「1年を半年で過ごすいい男」を目指そうというわけである。6月から11月を休もうというのは「君子危うきに近寄らず」でもある。

もちろん、そういいながら、不二サッシ(推)、JBR(推)については、持ち高を維持ないし増加させ、トータルの運用額はそれほどは減らせていないことも、前に書いたとおりだ。
この2銘柄は、よほどの逆風に見舞われない限り、値上がりするとみているからだ。

結局、私の方針を言うならば、これまた繰り返しになるが、不二サッシ、JBR以外の銘柄については、今後も極力、保有株数を減らす(即刻値段を気にせず売るというような意味ではなく、連日、多少なりと値上がりしたりした機会をとらえては売っていくということ)ようにするということである。
どうするかは個々人の自由だが、参考にされたい。

不二サッシ、JBRについては、稿を改めて書くこととする。

8月18日 23時02分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1515-3394ce86