05日の相場は主力株、大型株中心に下げた。ファストリ、ファナック、ソフトバンクなど日経平均寄与度の大きい銘柄の下落率が大きく下げたため、特に日経平均の下げ率(1.44%)が大きかった。
小型株の下落率は小さく、2部、JQ、マザーズはプラスだった。

>中小型株は、主力大型株の熱気にあてられ、ここあまり上げておらず、月曜~火曜、水曜あたり、主力株が下げても、あまり下げない、あるいは上げる可能性もかなりあろう。というわけで、そう神経質にならず、上げたらある程度売りあがる、下げるようなら、ほとんど売らないくらいのスタンスでいいのではないか。(8.4日付け「8月相場へのスタンス」)
このとおりの展開になったわけである。

というわけで、当道場銘柄は、東証1部銘柄には小幅安のものが多かったが、それ以外は、大幅高も含め値上がりするものが多かった。

不二サッシ(推)は295円まであって286△14と、規制解除を素直に好感して上げた。
JBRも不安定な値動きだったがプラスで引けた。
アジアグロースも反発。
ビッグデータでは、ブレインパッド(推)、インフォテリア(推)、サイオスは上げたが、シナジーマーケティング(推)は下げた。

相場の目先(これから8月末ないし9月末まで)の動きは、現時点で、どうなるか、どうもイメージがわいてこない。少なくとも大きく上げる展開はなさそうだ。ということもあって、私は、依然、動きの悪い銘柄で、ある程度上げてきたものを中心に、持ち高を減らしている。不二サッシ、JBR、リロHD(推)といったところは、現状維持。

決算発表が続く。
06日は
アネスト岩田(推)、EMシステムズ、リロHD、不二サッシ
09日は
TPR、共立メンテナンス、シナジーマーケティング
13日は
JBR
19日は
あいHD

決算直前に大きく上げた場合、中小型株の場合、よほど、いい決算でない限り売られるケースが続出している。一概に、こうするといいとは言えないが、このことは頭に入れて決算発表に対処したい。
アネスト岩田は好決算が期待されるが、06日が小動きとして、買い増すか私は今迷っている。年初来高値接近で、しっかりした動きを続けており、好決算→年初来高値(506円)更新のパターンがありうるとみているからである。

8月06日 3時35分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1500-e0c06a5c