19日の相場は、日経平均で言うと、高寄りしたあと145円高まであったが、まもなく急落、一時395円安まであった。後場に入り、下げ幅は縮小したものの、終始軟調で、結局219円安で終わった。この下げの理由はあれこれ言われるが、結局のところ、大した理由はなさそうだ。参院選の結果がどうあれ、ここまでの上げで、材料出尽くしから月曜は売られるとみた向きの売りというのも、考えられる一つの理由だろう。
しかし、いずれにせよ、現在、アメリカ株は小幅安になっているにもかかわらず、日経平均先物 大証(夜間)は、大幅高となっていることからして、意味不明な理不尽な下げだったと言えよう。

というわけで、この乱高下の余波を受けて、不二サッシ(推)、JBR、ブレインパッド(推)なども下げたが、心配無用だろう。

7月19日 23時27分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1481-41f96605