今日は我が家の猫(ペルシャ系のチンチラシルバー、体重4キロ)で、いろいろご心配いただき、ありがとうございます。
動物病院の先生、今日は往診予定時間に手術が入っているということで、やむなく、連れて行く。過去数回と同じく噛まれてばい菌が入ったのだろうということで、リンゲル注射?2本+抗生物質注射。一安心して帰宅してバスケットから出すと、よたよたしているではないか!!びっこを引いているとなにか結構深刻な話だったと、電話。そうしたら、先生、恐縮されて、説明不足でした、左の後ろ足でしょう?筋肉に注射したんでそういう症状がでることもあるんです、と詫びられる。2、3時間でおさまるということで安心。
40.4度(人換算39.4度?)のかなりの高熱で、ために食欲もないのだそうだ。また寝ておられる。抗生物質が効いて元気になるといいのだが・・・

相場は、意外に強い。ここは、やはり、やや強気にせめてみたい。私は前に書いたように、ここポートフォリオを、意識的に、かなり組み変えている。
アネスト岩田(推)、IDEC、はせがわ、リロHD(推)、さらに2412ベネフィットワン、4820EMシステムなどを買って、これらの組み入れ比率を高めている。

【アネスト岩田】
うじうじした動きをしていると思われる方もいるだろうが、この動きこそ、506円高値更新に向けた着実な足場固めの動きと私はみる。下げそうで下げない動きにそう判断して、私は今日も6000株追加購入した。
「湯煙発電」がアベノミクスのテーマということに得心の行かない人は「湯煙発電 安倍首相」で検索されたい。それで見られる視察の写真に映っている装置が(株)ターボブレードの「湯けむり発電装置」で“ 国の支援事業”に認定されている。そして、これとアネスト岩田の「バイナリー発電装置」は、温泉熱を使った直列使用による発電で相乗効果があるということなのである。

ここでは、もう一つの注目点を書いておこう。
同社の想定為替レートは1ドル90円、1ユーロ120円である。1ドル95円に見直した企業も多く、この場合、円安メリットも怪しくなる局面もあったわけだが、90円なら、そういう懸念はない。ここに来ての1ドル100円前後の円安で、1ドル90円企業は見直し余地が大きい。今期業績は上方修正への期待が高まる。海外の売り上げ比率は43%と結構高いのである。同社はこれを60%にまで高める方針だ。
経常利益の推移を見ると2012.3月期の23億円弱から26億円余→31億円(予想)→35億円(同)と2桁増益を続ける。これだけの好業績高成長企業の予想PER10倍弱(来期予想)というのは、ありえない。

【IDEC】
前にも書いたので簡略にするが今期、来期と驚異的に利益が増える。過去2回、推奨しているが、当時に比べ来期予想の1株利益は、はるかに多い。にもかかわらず株価は、むしろ下だ。太陽光発電システム、同向けマネッジメントシステムなどの新領域の売上げが大きく伸びる見込みだ。
945▼21と下げたが、これは年初来高値989円接近で利食い売りがかさむ局面のためであろう。早晩、高値更新から4桁乗せのコースとみる。この安いところを拾っておきたい。100株単位。推奨株にしたいのだが連発もどうかと思い自重しているだけである。

不二サッシ(推)については深夜に。

7月04日 21時53分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1464-cc9717c4