FC2ブログ
相場環境は、かなり好転して来た。また参議院選挙で与党が圧勝、選挙後には、(選挙前には封印されていた)成長戦略等で、具体的な、株高につながる政策も打ち出されるのではないかという読み・期待が(恐らく)市場にはあり、こうしたことを背景に、しばらくは堅調な相場展開を期待していいのではないか。もちろん、円相場、中国株等によっては、あるいはアメリカの雇用統計によっては、こうした期待通りにはいかないわけだが。

こうわけで、ここからは月替わりとなることでもあり、心機一転、新たなる戦略で、今後の相場に臨むとしよう。

具体的には、どういうポートフォリオを構築するかということである。

不二サッシ(推)を中核にすることには、いささかの変更もない。私の場合、続いてあいHD(推)、ブレインパッド(推)、アネスト岩田、ニチリン(推)、トラストパーク(推)が、組み入れ上位銘柄である。
この中で、あいHD、ブレインパッドは、基本的に持続方針。ただし、ブレインパッドの場合、動きが激しいので、ここから一段高した場合の対処の仕方が悩ましい。私は1550円から1600円強くらいで持ち株の2割程度は売却、1756円の年初来高値前後があったら、そこで2割程度を売却(この時点で残りは6割)というのが、現時点での方針。アネスト岩田は今後も買い増す方針。ニチリンは、やや見捨てる方向に傾いていたのだが、ここに来ての円安で軌道修正も考慮。とりあえず月曜以降の値動きを見ながら対処。トラストPは7.01日に、いくらで出てくるかをみて判断したい。その他銘柄で、動きの悪いものは、基本的に整理(と言っても闇雲に叩き売るのではなく多少なりと高い値段で指し値売り)、以下の銘柄などの購入資金にする方向だ。

新たに組み入れる、あるいは買い増す銘柄を何にするか。
前述の
6381 アネスト岩田 のほか
6652 IDEC
8230 はせがわ
8876 リロHD
9381 エーアイテイー
3175 エーピーカンパニー

といった銘柄を考えている。すでに、取り上げた銘柄も含まれ、そういう銘柄は、すでにある程度は組み入れている。

相場環境や地合いを考慮しつつ、上記銘柄から推奨銘柄にするものが出て来ると思うが、読者諸氏は今慌てて買う必要はない。買う場合は、とりあえずは打診買い程度にとどめるのが良かろう。

とりあえずは不二サッシに集中。KUMADAIマグネシウム合金という材料の持つ意味が正当に評価されるだけで、ここから100円高は最低あっていいと考えるが、ここでは、それ以外のことについて簡単にふれておこう。同社のサッシ・建材は「ビル向け中心」とされ、いまいち分かり難いが、実態は、オフィスビルの再開発案件向けやマンション向けが中心で、まさに時流に乗っている。竹中工務店を含む大手ゼネコン5社とマンション建設トップの長谷工が主要販売先だ。積水ハウスも主要販売先で住宅建材が好調だ。
また近年注力している新分野がLED事業である。これについて正確に詳しく書くのは結構大変なので、恐縮だが、またまた後日に譲る。同社自身と子会社とで手掛けている。今後の期待分野だ。

6月30日 22時50分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1455-2c09350f