2013.05.28 反転を待つ
27日の相場は、日経平均で470円(3.22%)の大幅安となった。業種別で、不動産が上げただけで、全面安、値上がり銘柄は141にとどまった。中国、韓国とも上げており、独り日本株の弱さがきわだつ。

当道場銘柄は、ブレインパッド(推)、ウェッジHD、メディパルHDが上げたくらいで、あとは軒並み安だった。V.Bは下げたがV.R.は25900△5000。おこぼれを期待してもだめということか。あいHD(推)は6立会日連続安となった。あいHDに限らず、ここまで下げる合理的理由は見つけにくい銘柄が目立つが、投資家の資産状況が悪化しており、買い余力・買い意欲は乏しい一方、全般が下げてくると、不足金・追い証回避の売りが、どんどん膨らむという構造に、現在はなっているので、こういうことも起きる。

こう書くと、出口なしと思うかも知れないが、そんなことはない。どこかでこれが、反転するわけである。そうなれば、今度は逆に、売り惜しみとなり、買いが、どんどん膨らむわけである。それが、かなり先なのか明日明後日なのかは不明のわけだ。

現在、海外市場は、英米は休場だが、ドイツ、フランスは0.9%程度の値上がり、イタリアは1.4%の値上がりとなっている。
1ドル100円台半ばにまで一時接近した為替相場も、現在は101円台前半まで円安になっている。
日経平均先物は、大幅安から、やや持ち直しているが、それでも、かなり下げている。

依然、このように、先行き不透明な状況で、下振れ懸念が残るが、そろそろ、いいところまで来ているのでは、といった感触がないでもない。

慎重に、しかし、そう悲観的にならず、どこかで大きく戻すという見込み・期待を持って、相場をみていくところだろう。

5月28日 0時44分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1416-222f9444