FC2ブログ
今後の相場がどうなるか、正直な話、読み難い。大局観としては、強気、日本株の先行きは明るい、という見方に変更はない。ただ、目先、短期的な動きとなると、上下、どちらにも、しかも、かなりの振幅で動く可能性がある。あえて言えば、下振れリスクの方が大きい、少なくとも、そちらに警戒を怠らないようにしたい。

24日のアメリカ株は、NYダウは小幅高、NQは小幅安となっている。為替は対ドル、対ユーロとも、やや円高。CME日経平均先物は310円余の値下がり(これは、あまり当てにならないが多少は心配な数字ではある)。

東証1部全銘柄の今期予想PERは16.65倍(5.24日終値)、日経平均採用銘柄は16.19倍である。円安を考慮すれば、どちらも15倍台、あるいはさらにその下になることが確定的である。これは、過去の経験からして、かなり割安な水準であり、この面からも、株価の大幅下落懸念は小さい(あったとしても、それはごく短期間にとどまろう)。

問題はヘッジファンド等による株価指数先物を売り崩す動きがないかだ。その場合、24日のような荒っぽい動きが再現される恐れがある。

以上のような起こり得ることを、事前にシミュレーションし、慌てず対応できるようにしておくことは重要だ。資金的にある程度以上の余裕を持って、保証金維持率が30%は簡単には割り込まないようにしておきたい(信用をやっている場合)。
楽天証券の場合、最近は注文がスムーズに出来ないといった事態が頻発している。他の人のブログを見て分かったのだが、他のネット証券でも同様なことが起きているようだ。始末に悪いのは、注文を取り消すことも出来なくなったりする。

分かりやすく極端な例を示すと、ある銘柄に、時価よりかなり下の値段に大量の指し値買いを入れておいたとしよう。その後、かなり経ってから、一気に全般が急落、保証金維持率も急低下、ならば前述の指し値買いを取り消そうとしたら「執行待ち」とかの表示になり、取り消せなくなる。証拠を示しておこう。

2013/05/25 00:20  重要  !  【重要なご連絡】  5月21日に発生した注文執行遅延の取引訂正処理について

これは、実際、楽天証券から受け取ったものである。出来なかった注文を成立させても、させなくてもいいということだが、この場合大した被害はなかったのだが、4日も経って、こういうことを言われても、どうにもならないケースもあるのではと、は懸念を抱く。
それはともかく、こうしたことをマスコミは報道していないようだが、困ったことだ。
日経以外は把握していない。日経は把握しているが、企業の味方路線を近年一段と強めているので報道しない。
これが、私の憶測である。

話が、ややどうでもいいところにいってしまったが、本筋としては、リスクがいっぱいな相場環境なので、しっかりリスク管理をして臨もうということである。

5月27日 1時14分記

追記=NIKKEIプラス1(5.25日付け)の1面、「何でもランキング」、「おさいふの味方」で、
ブレインパッド(推)のReceReco(レシレコ)が、2位にランクイン。
思い起こせば、2011.11.28日付けの推奨株であるやまやは、同社の扱う輸入ワインが人気1位になって、その後の急騰につながったのだった。今回は、本業でのことではないので、2匹目のどじょうは?だが、多少の好影響を期待。しかし掲示板では書かれていない。やはり掲示板利用者の多くは日経を読んでないのか?
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1415-8940b63e