fc2ブログ
18日の相場は、主力株中心に大きく下げた。キプロス問題と、それに伴う円高が嫌われ、ソニー、ソフトバンク、ファストリなどの日経平均寄与度の大きい銘柄の下落率が大きかったため、日経平均の下げは340円、2.71%に達したが、値下がり銘柄数1179に対し値上がり銘柄数453で、実感としても、それほどの下げではなかった。政府が石炭火力推進と伝えられ、住友石炭がストップ高、またダイエーも読売新聞が17日に、イオンが子会社化もと報道したことで同じくストップ高した。
2部指数、日経JQ平均は続伸、、昨年来高値を更新、マザーズも続伸した。

キトー、穴吹興産、グランディハウス(推)は、昨年来高値更新。トラストパーク、日本管理センター、アクトコール、Jトラスト、ウッドフレンズなども上げた。
一方、協立電機(推)は下げ止まらず2073▼129、いであも下げた。下げ圧力が強いわけだが、基本的な見方は、前稿で書いたとおり、私は強気である。協立電機の突っ込んだところは、指し値買いを入れ、少し買った。エストラスト(推)は2500△51までありながら引けは2395▼54。FPG(推)も3日続落となったが、反発を待つところだろう。

リロHD(推)は、大幅高で寄り、その後大きくだれ、引けは4070△45。買い方が難しかったが、高く買ってしまった方も、買いそびれた方も、4100円以下は、買っていいだろう。この会社の将来性を考えれば、天井は高いとみる。

あいHD(推)は、昨年来高値更新となる891円まであったが、引けは876▼6。押し目は買い増していくのもよい。早晩上方修正がある可能性が高く、その前に買っておきたい。

ジェイコムは797△22、アマナは656△26、エスイーは638△8と、そろって高かった。
オプトエレクトロニクス(推)676△96(一時ストップ高)、アクトコール1875△114などを見るにつけ、何が上げるか分からないことを実感させられる相場だ。持ち株で、どんどん上げていって売る場合でも、ごく一部は残すのがいいかもしれない。また、資金が許すなら、私が挙げた銘柄で少額で1単位買える銘柄は、宝くじ感覚ででもいいので、出来るだけ買っておくと面白いだろう。上記のジェイコム、アマナなどである。

3月19日 0時51分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1331-2433928a