fc2ブログ
14日の相場は、小型株が大幅高、主力株は不動産や運輸は別とすると、高安まちまちだった。

当道場銘柄は、依然、絶好調が続いている。ここ急伸した協立電機(推)、FPG(推)を除くと、ほとんどの銘柄が上げた。
MARUWA(推)が急伸、推奨時株価を上回ったほか、エストラスト(推)も2390△121と急伸、ウッドフレンズ(推)も244000円まであって昨年来高値を一気に更新した。
他の銘柄については省略し、以下四季報を読んだ成果の一端を書くこととしよう。

まずショーエイ(推)だが、2014.3月期の売り上げについて、前号の125億円を今号では145億円としている。しぶしぶミスを認めた格好だ(2013,3月期の途中から、すでに連結開始なのだが、わざわざ「連結決算開始」と書いている)。
それはともかく、経常利益は

            前号      今号
2013.3月期 =2.8億円   3.8億円
2014.3月期 =3.0億円   4.2億円

となっている。満額回答とまでは言えないが、まずまずのものだったとは言えよう。

前号に比べ、今号で大きく業績が上方修正されているところでは、
5184 ニチリン       713△53
6804 ホシデン      570変わらず
7949 小松ウォール   1977△100
8889 アパマンショップ 3630△105
などがあるが、ホシデン以外は大きく上げている。四季報は、私のところへは16時30分頃に到着しているが、都心などでは後場終了より前に到着しているのだろうか?こういう疑問を抱いたことだった。確認していないが、そういう疑問があるので、大きく上げている銘柄は、注意した方がいいだろう。

当道場銘柄について。

あいHD(推)=今期経常利益、会社予想の42.5億円に対し47億円に増額、「耐震診断が超繁忙」とある。
やまびこ=2014.3月期経常利益を35億円と、2013.3月期の25億円の4割増という大幅増益予想にしている。
穴吹興産=2013.6月期経常利益を36.5億円(ほぼ会社予想と同じ)にし、2014.3月期は45.0億円と、大幅増益を見込む。
鈴与シンワート=「連続増益」とし、2014.3月期予想経常利益を、前号の4.1億円から4.4億円に増額している。

その他の、これはという銘柄については、今後、相場環境を見ながら、逐次、取り上げていくこととしよう。

【いであ】
915円で寄り付き、902円安値があって大引けは970△45。

同社は波のエネルギーを利用した「越波式波力発電」の研究をしている。これは、知る人ぞ知るの材料だが、この研究が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に採択されたのである。
東海大学海洋学部と協立電機、いであ、市川土木の3社が参加して、2012年11月から2016年2月まで実証研究を静岡県内の2ヵ所の海域で行なう。(「協立電機の薔薇色の未来」2.07付け)

に出て来る3社のなかの「いであ」こそJQ上場の「いであ」のわけである。
老朽インフラが問題になっているが、これらの耐震・補強工事に伴う環境コンサル、また海底資源(メタンハイドレードなど)探査に伴う環境・生態系調査でも、同社の活躍の余地大であり、協立電機との海洋発電を含め、こうしたことが広く知られれば、株価は4桁乗せが期待出来よう。

3月15日 1時32分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1326-948104bd