fc2ブログ
13日の相場は、為替の円高もあって主力株中心に下げ、日経平均、TOPIXとも、小幅安だった。小型株指数は小幅高、2部、JQも小幅高、3連続安だったマザーズは2%弱の反発。
キヤノン、ファナック、コマツ、大成建設、ファストリなどが大きく下げ、芦森工業、ラサ工業、タクトホーム、都競馬などの急騰が目に付いた。

こうした相場は、私の得意とするところで、当然、当道場銘柄には、堅調なものが多かった。後でふれる協立電機(推)のほか、大半の銘柄が値上がりした。
やまびこ、グランディハウスは昨年来高値更新。FPG(推)、穴吹興産、ショーエイ(推)、トラストP、エストラスト(推)なども上げた。FPGは、弱気になる必要はなかろうという見方で書いて来たつもりだが、、この反発で、まだ相場が生きていることが分かった。
日信電子サービス(推)、セゾン情報は、予想通り反発局面入りをうかがわせる動き。トレジャーファクトリー、日本管理センターも、おぼつかない動きながらもプラスで引けた。やはり、この押し目は買い場だったのだろう。
MARUWA(推)が2683△188と、猛反発した。業績下方修正で、一時はこれまでかとも思わせたが、全般高にも助けられ、ここまで戻した。15日の四季報発売で来期業績への期待が高まっているのかもしれない。いずれにせよ、辛抱された方はかいがありました。小生は、かなりを処分したが多少は残している。

FPGとともに期待すると書いたJトラスト、澤田HDは、Jトラストは反発したが、澤田は865▼62(安値832円)と急落した。ただ乱高下する銘柄なので、突っ込んだところは拾っておくと報われよう。

あいHD(推)が上げた一方、、メディパルHDは大きく下げた。ただ、これはあいHDが、ここ下げていたのに対し、メディパルHDは上げ続けていたため、こういう結果になったのであり、心配無用だろう。

ウッドフレンズ(推)は224500▼1600。これで3日続落であり、また215200円まで下げたあとかなり戻して終えていることをあわせ考えると、これで調整完了ないしそれが近いとみてよかろう。新規の買いも反対しない。

協立電機は50円高で寄り付いた後、2478△236まであったが、その後2211▼1まで急落、しかし引けにかけまた大きく反発、結局2377△165で終わった。目先筋をふるい落とし、理想的な動きだったのではないか。2500円は、多少甘く言えば達成したわけだが、こうなると、やはり3000円を目指す動きとみるところだろう。3000円前後が終着駅となるか、3500円、4000円、5000円を目指すかは、現時点では判断できない。

なお協立電機が、ここまで上げ、なお上を目指すとなると、9768いであ(JQ)925△45も、面白いかもしれない。お遊び感覚で少し買っておくのもいいだろう。
なんで協立が上がるといであになるんだ?という方へ。しっかりブログを読みましょう。変に刺激しないようにここまでにしておくとしよう。

3月14日 0時52分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1325-8e698f4e